2008年10月20日

染めのまち落合スタンプラリーオフ報告

 染めのまち落合スタンプラリーオフ、お天気にも恵まれ、無事終了!
簡単にご報告。

歩くメンバー.jpg 一人急に来られなくなり、総勢6人でスタンプラリーめぐりをした。10時に下落合に集合して、まずは東京手描友禅工房協美へ。
 各工房については前にここに書いたので省略。

友禅を見る.jpg 手描き友禅職人、大澤さんの手元に見入るメンバー。色はいつ決めるの? とか細い筆使わないんですか? とか質問攻め(笑)。
 ちなみに、かなり細かいところでも、「細筆」はあまり使わないそう。防染糊を使ってにじみを防いでいるから、ということもあるのだろうけど、やっぱり職人芸。丁寧に答えてくださった大澤さんに感謝。

油絵のような帯.jpg 着付けの先生でもいらっしゃる、大澤佳子さんの帯があまりにすてきなので撮らせていただく。
 一見油絵のよう。これも友禅?! 訊くの忘れてた・・・着物にばっちり合っている。こちらの着付け教室にはパリコレのモデルさんも通われているそうだ。

スタンプラリー集合写真.jpg 工房の前で大澤さんも一緒に記念写真。メンバーそれぞれ、手作りの半襟だったり帯留だったり、いろいろ楽しんでいていいわね〜と言っていただき、工房の前でしばらく盛り上がる。


 次に江戸小紋の松綱染工所へ。こちらは撮影NGだったので写真はとらなかった(2年前はOKだったけど、いろいろあってNGにしたそう)。
 柄を解説した資料もいただき、普段は入れない工房をじっくりみせていただき、商品もいろいろ見て、やっぱりいいなあ〜としみじみ。
 次の卒入学シーズンまでに江戸小紋積み立てしようかしら。

桃山でランチ.jpg ここで、割烹桃山でランチ。白いご飯が美味しくて感動(もちろんおかずも美味しい)。これで1200円はコストパフォーマンスいいよね。おまけに「芋羊羹」のデザートまでついていて、これも美味しかった!

ゆのし.jpg 次に吉澤湯のし加工所へ。こちらはほんとに、お宅にお邪魔させていただく感じで、スタンプラリーでなければみられないところだ。何度見ても面白い。
 吉澤さんのわかりやすく、きっちり笑いもとる湯のし紹介トークは一見(じゃないか、一聞?)の価値あり。

二葉苑見学.jpg 最後に二葉苑へ。無事記念手拭もゲットして、ゆっくり工房を見せていただく。写真は江戸更紗の染め。
 しかし、2年前に比べて着物率がぐっとあがったと思う。たくさんの着物姿を見られて、それだけでも目の保養!

二葉苑カフェ.jpg 作品展で反物もたくさん見て、小物もちょっと買い物して、二葉苑のカフェでお茶。飲み物にかわいい和菓子がついて500円。着物話で盛り上がる。

記念手拭.jpg こちらは今年の記念の手拭。この道具づくしの柄、大好き! 2年前と柄は同じで色違い。これ、毎年集めたくなるなあ・・・来年も行こうっと。参加の皆様、お疲れ様&ありがとうございました!





posted by みず穂 at 23:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 工房探訪・体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする