2008年11月30日

梅の着物で大宰府へ

 福岡の旅報告、続き。

 着物で泊まりの旅行そのものは5回目くらいになる。1回目は仙台にウール着物、2回目の房総、3回目の伊豆、4回目の八丈島、はすべて木綿の着物だった。やっぱり、あちこち動き回るし、乗り物にのる時間も長いし、ものづくり体験とかもするから汚すかもだし、ということでカジュアル路線だったんだよね。

紬で旅行.jpg しかし、今回は初の絹物にチャレンジ。大勢人が集まる宴会に出るので、やっぱりちょっとおしゃれしたいなあ、というので初日(と、工房ツアー)は青の紬。
 現地では他人の写真ばかり撮っていて、気がつくと自分の写真が1枚もなかったので、これは帰ってきてから撮ったものだ。

 この帯、「博多織献上館」で買ったもの。最初から買う気だったので、一番軽い半幅帯で行って、夜の宴会では帯をチェンジした。
 ほんとは、「白の帯」を買うつもりだったのに、あわせてみたらいまひとつ似合わない。あれこれしつこく合わせてみたのだけど、結局この色に落ち着いた。模様はリバーシブルで、こちらは裏。着物の模様がごちゃごちゃしているので、こちらの方が似合った。

 紬、意外と旅行向きだった。着ていて気分がいいし、着崩れも少ない。夜の屋台に出かけたときは、この上に雨コートを羽織っていった。

大宰府で着物.jpg 一泊くらいの旅行では、下着と足袋と小物だけ変えて、着物は着たきりのことが多い(荷物を減らすため)。
 でも、今回は初めて「着替え」を持っていった。2日目に大宰府に行く事になっていて、どうしても梅の着物を着たくなったからだ。季節にはまだ早いんだけど、やっぱり大宰府といえば梅!!

 現地の着物友達と2ショット。帯、上と同じもので、こちらの模様が表。なんとなく梅の意匠?!
 
 「博多・大宰府着物パスポート」というのを彼女が事前に手に入れていてくれ、おかげで売店で梅が枝餅をプレゼントしてもらえた(着物特典!)。熱々のをほおばりながら歩く。これが美味しい!
 お土産にも買って帰ったけど、現地で食べる味は残念ながら再現できず。やっぱりつくりたてでないと駄目なんだなあ(梅が枝餅、食べるのに夢中で写真撮り忘れた・・・)

飛梅.jpg こちらが有名な「飛梅」。残念ながら花はまだまだ先。それにしても、天満宮は梅の木だらけだった。梅の季節に来れるといいなあ。すごいだろうなあ・・・・



橋で.jpg 心字池の太鼓橋の下で、別の着物友達と2ショット。結構寒かったし空模様も怪しかったので、実際はずっと雨コートを着ていた。

 ちょうど七五三シーズンで、かわいい着物姿が山ほど見られ、目を奪われっぱなし。男の子の着物姿もいいなあ。



3つの橋.jpg 心字池には太鼓橋・平橋・太鼓橋と3つの橋がつながっていて、過去・現在・未来を意味しているそう。ふりかえってはいけないという言い伝え? もあるそうで(十三参りとミックスされているのかな?)、みんなでしっかり前を向いて渡る。

お石茶屋ランチ.jpg お参りして、これまた有名なお石茶屋でランチ。1000円のお弁当を食べる。
 帯の模様、この写真が一番わかるかな。やっぱり梅っぽい?! 濃い紫の帯締めに、鼈甲の小さい帯留をあわせてみた。

九州国立博物館.jpg ランチのあとは九州国立博物館へ。まだ新しい施設で、内装も展示もみどころいっぱい。
 ちょうど「国宝 天神さま - 菅原道真の時代と天満宮の至宝 - 」というのをやっていたので、大宰府について詳しくなれた気がする。
 絵巻物がたくさんあって、あっという間に時間がすぎてしまった。


 大勢でわいわいとツアーして、飛行機で帰京。盛りだくさんで楽しい旅だった。



posted by みず穂 at 00:21| Comment(5) | TrackBack(1) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする