2009年01月17日

百人一首大会開催

 百人一首大会、中野でも開催。
 こちらはもう4回目になる、恒例の会。前の記事はこちら

 一昨年この会で個人賞をもらった長女、今回は部活の試合前練習で欠席することに。
 本人も残念がっていたけど、私もすごーく残念である。
 今年も袴着せようと思ってたのに・・・。

朗読風景.jpg 今回は私を含め、数名の保護者有志の企画で、いつもの講師をお願いした。参加は子ども12人大人5人。
 事前に着物着ない? と声かけし、希望を聞いて着物を準備。
 自前の着物で参加した子もいて、今年もほぼ全員着物姿に。

 まずは全員で、講師について和歌の朗読。ずらっと並んだ子どもの着物姿、いいなあ。
 小さい子もそれなりに嬉しそうでよかった。
 やっぱり着物はなんだかうきうきするんだよね。

源平合戦風景.jpg そしてお待ちかねの源平合戦!
 大人2人の参加があったので、2人づつのチームが2つ、3人づつのチーム1つで対戦した。
 もう4回目の子が多いので、上の句のうちにとれる札も結構あり、白熱!!
 講師の薀蓄も聞きつつ、お正月気分も堪能。

次女の振袖.jpg
 この日の次女の着物姿。講師に認定証をもらっているところ(百人一首の級があるのだ)。

 実は、この前の百人一首の会の帰り、「たんす屋」でサイズぴったりで似合う振袖に出会ってしまったのだった。
 次女は小柄で、七五三の着物はさすがに小さいけど、大人のサイズにはまだ遠く・・・という感じ。
 こんなにサイズぴったりの着物はめずらしい。

 お店の人に聞いたら「十三参り用ですね」とのこと。昔の十三歳は小柄だったのね・・・身幅も狭いし(これまた細身の次女にぴったり)。
 クラシックな柄がなんともいい感じ。ちなみに5000円だった。
 半襟がまたかくれているけど(この前に大騒ぎして遊んでいたので)、サイズをあわせた正絹の長襦袢も一緒に購入。赤い刺繍の半襟つきで、なんと500円!

 彼女の十三参りは来年の春。
 長女の振袖が着られるほど育たなかったら、こっちを着せることになりそうだ。
 帯は間に合わせの半幅なので、あわせたもの買ってあげたいな。どんなのが似合うのかな・・・

紺のお召し.jpg 私は紺のお召しに赤の半幅帯、黒の羽織。
 今回は裏方なので、ちょっと地味目のセレクト。
 このお召しは、前に共同ブログしていたeribow宅のフリマでもらってきたもの。一口にお召しといっても着心地がいろいろなんだけど、これは滑らずやわらかく、とても着やすい。華やかさはないけど、普段着には重宝な一着だ。
 黒に白の絞りの柄の羽織は、春に近所の古着屋でみつけて買ったものだけど(3000円)、どの着物でも合う、この冬一番の活躍アイテム。



posted by みず穂 at 07:46| Comment(7) | TrackBack(0) | 着物と子ども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

子どもと着物で百人一首

4日、「子どもと着物で百人一首」の会をやった。

百人一首.jpg
 帰省中だったり体調を崩したりで参加者が減り、母子3組で開催。うちの娘も2人連れて行くはずが、中学生にはふられてしまった・・・で、子どもチームVS親チーム(ハンデつき)で開催。
 でもそれなりに盛り上がる。久しぶりにやると、ほんとに忘れていて、結局下の句まで読まないととれないのね・・・ハンデいらなかったかも。子どもの方が覚えてた(笑)

お茶をたてる.jpg 子どもが全員抹茶OKだったので、みんなでお茶会。写真でお茶をたてているお嬢さんは3歳児。着物大好きで、百人一首もお茶もきちんと参加するのでびっくり(いや、当然字は読めないのだが・・)。

 飲食OKの公民館だったので、焼き網や鍋も持参してお汁粉とお雑煮といそべ餅をつくる(つくるのと食べるのに忙しくて写真撮り忘れた・・・)。お正月気分盛り上がる。

篤姫ごっこ.jpg 着物好き3人娘、最後は「篤姫ごっこ」で大盛り上がり。
 ちなみに配役は右から和宮、篤姫、本寿院だそうだ。なぜ本寿院・・・>うちの娘

 せっかくいろいろ飾ってあげた髪はすでにぐちゃぐちゃである。

梅のお召し.jpg 今日の着物は梅のお召し。新春ぽいかなあと。実際はほとんど、この上に割烹着を着ていたのだが・・・
 大宰府と同じコーデ。帯締めはないほうがいいかも。

 次の土曜、10日(土)も、子どもたちと百人一首大会。こちらは講師を呼んで本格的な(?)源平合戦。興味のある方はメールいただければご案内しますよ〜(一般参加OK、場所は中野)。
posted by みず穂 at 09:42| Comment(5) | TrackBack(0) | 着物と子ども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

正月ウール着物

あけましておめでとうございます!

初日の出.jpg
 今年は私の実家で年越し。
 初日の出、きれいだった〜(携帯写真だけど)。

 年末はばたばただったけど、実家ツアー(私の実家→夫の実家)ではひたすらごろごろ。ありがたいことだ。

正月着物1.jpg
 恒例の正月ウール着物。ウール着物で外に出るのは久しぶりだ。

 今年は次女も、十三参りのついでに買ったウールアンサンブルを着るというので一緒に着る。まだちょっとサイズが大きいのでおはしょりがどうしても余っているんだけど(もう1本紐使って調整しようかと思ったけど、きゅうくつそうなのでやめた)、琉球文様ちっくな柄がかわいい。

 私のウールは、着物着はじめの頃に愛用していたもの。最近着なくなってしまっていたので、箪笥の底から出してみた。
 帯がおそろいの黄色。素材は次女がウールで私が木綿。この帯、久しぶりにしたらちょっと固くて窮屈だった。
 半襟は自分で玉ねぎで染めた木綿レース。実家でごろごろしているときの写真なので髪ぼさぼさ〜。

犬と遊ぶ.jpg 実家の犬と遊ぶ次女。犬の毛が抜けて着物にくっつくので割烹着を着せてみた。が、上半身だけなのであまり意味がなかったかも・・・


初詣.jpg 夫実家へは矢絣のウールに赤の博多半幅帯で。やわらかい帯なので、こちらの方が格段に楽。一軒家で寒いので、長襦袢でなくてタートルネックを中に着る。下にはスパッツ着用。大判ストールに長手袋で防寒はばっちり。

 娘達と近所の神社に初詣に行く。娘も中に着こんでいるので、袖から何か覗いちゃってますがご愛嬌。足が大きくなってきたので、私の赤の柄足袋を履かせてみた。下駄で歩くのもうまくなってきた!


 ウール着物は「全身セーター着ている」感じでとても暖かい。でも、着ていてうきうきはしなくなってきたなあ。最初は着物の形をしているだけで嬉しかったんだけど。
 すべりが悪いので、袖や裾のもたつきも気になる。手入れの楽な普段着としてあっという間に広まって、でも長続きせずに廃れてしまったのがわかるような気もする。

 そんなことをつらつら考えつつ、正月も終わる。
今年もよろしくお願いします!

posted by みず穂 at 21:46| Comment(6) | TrackBack(0) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする