2009年01月17日

百人一首大会開催

 百人一首大会、中野でも開催。
 こちらはもう4回目になる、恒例の会。前の記事はこちら

 一昨年この会で個人賞をもらった長女、今回は部活の試合前練習で欠席することに。
 本人も残念がっていたけど、私もすごーく残念である。
 今年も袴着せようと思ってたのに・・・。

朗読風景.jpg 今回は私を含め、数名の保護者有志の企画で、いつもの講師をお願いした。参加は子ども12人大人5人。
 事前に着物着ない? と声かけし、希望を聞いて着物を準備。
 自前の着物で参加した子もいて、今年もほぼ全員着物姿に。

 まずは全員で、講師について和歌の朗読。ずらっと並んだ子どもの着物姿、いいなあ。
 小さい子もそれなりに嬉しそうでよかった。
 やっぱり着物はなんだかうきうきするんだよね。

源平合戦風景.jpg そしてお待ちかねの源平合戦!
 大人2人の参加があったので、2人づつのチームが2つ、3人づつのチーム1つで対戦した。
 もう4回目の子が多いので、上の句のうちにとれる札も結構あり、白熱!!
 講師の薀蓄も聞きつつ、お正月気分も堪能。

次女の振袖.jpg
 この日の次女の着物姿。講師に認定証をもらっているところ(百人一首の級があるのだ)。

 実は、この前の百人一首の会の帰り、「たんす屋」でサイズぴったりで似合う振袖に出会ってしまったのだった。
 次女は小柄で、七五三の着物はさすがに小さいけど、大人のサイズにはまだ遠く・・・という感じ。
 こんなにサイズぴったりの着物はめずらしい。

 お店の人に聞いたら「十三参り用ですね」とのこと。昔の十三歳は小柄だったのね・・・身幅も狭いし(これまた細身の次女にぴったり)。
 クラシックな柄がなんともいい感じ。ちなみに5000円だった。
 半襟がまたかくれているけど(この前に大騒ぎして遊んでいたので)、サイズをあわせた正絹の長襦袢も一緒に購入。赤い刺繍の半襟つきで、なんと500円!

 彼女の十三参りは来年の春。
 長女の振袖が着られるほど育たなかったら、こっちを着せることになりそうだ。
 帯は間に合わせの半幅なので、あわせたもの買ってあげたいな。どんなのが似合うのかな・・・

紺のお召し.jpg 私は紺のお召しに赤の半幅帯、黒の羽織。
 今回は裏方なので、ちょっと地味目のセレクト。
 このお召しは、前に共同ブログしていたeribow宅のフリマでもらってきたもの。一口にお召しといっても着心地がいろいろなんだけど、これは滑らずやわらかく、とても着やすい。華やかさはないけど、普段着には重宝な一着だ。
 黒に白の絞りの柄の羽織は、春に近所の古着屋でみつけて買ったものだけど(3000円)、どの着物でも合う、この冬一番の活躍アイテム。



posted by みず穂 at 07:46| Comment(7) | TrackBack(0) | 着物と子ども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする