2009年05月31日

小物収納を改善

 3月から4月にかけて、自宅の水周りをリフォーム。
 ついでに、着物の小物の収納を改善した。

ミニ箪笥.jpg 以前、リビングのカウンター下にミニ箪笥を入れて、着物の小物関係を収納していた。

帯締め収納ビフォー.jpg
最初は問題なかったんだけど・・・帯締め、いつの間にか増えてぎゅうぎゅう状態。選ぶたびに中身をひっくり返して大変だった。

帯締め収納アフター.jpg キッチンをフラットな対面タイプにリフォームしたのにあわせ、カウンター下の収納をオーダー。帯締め専用の浅い引き出しをつくった。
 ついでに数えてみたら25本。半分以上いただきもの。礼装用とか娘用もあるので、いつも使うものは限られているのだが、こうしてみると結構持っているものだ。

帯揚げ収納.jpg これが全体の収納。二段目には帯揚げ・半襟・手拭を収納。小さいほうに扇、足袋、下の深い引き出しには下着関係や子どもの着物を入れている。

 ほんとは、奥行きがあと3センチあると、着物がすっぽり入ったんだけど。キッチンの天板自体のサイズが決まっていたので、縦横のサイズしか指定できなかった。
 でも、小物関係がすっきりして嬉しい。手持ちの全体がみえると、コーデがしやすいし、いるものといらないものもわかってくる。

 着物にはまって5年。最初の頃は着物に関係するものは何でも喜んでもらっていたが、そろそろ整理も必要な時期だなあ、と思っている。 とりあえず小物関係は、この収納からはみ出すものは処分、というのを当面の方針にする。
posted by みず穂 at 12:32| Comment(2) | TrackBack(0) | メンテナンス・収納 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

久留米絣で初お出かけ

 ・・・ずいぶんブログをほったらかしてしまった。
家のリフォームと、親子でかかわった大きなイベントと、仕事の締め切りが次々にやってきて、気がついたら二ヶ月。

 すでに誰も見てない気がするけど、ぼちぼち更新再開。

 田中絣工房で買った(記事はこれ)久留米絣、ようやく着てお出かけできた。

久留米がすり.jpg
 藍だけで染めた絣。模様は全部糸でくくって防染し、手織りで織り出したもの。
 あまり見たことのないデザイン。天の川をイメージしたという。一目見て釘付けになってしまい、予算度外視で買ってしまった。木綿なのに、今まで買った着物の中で一番高い(笑)。

 でも、手間を考えるとね・・・高いとはいえなかった。デザインして、糸をひとつひとつ手でくくって、何度も何度も藍がめにつけて干して、機で織って。いったいこの着物1枚にどれだけの手がかけられているやら。それでも、木綿だからそんなに高くは売れないのだ。定価で10万切っていた(さらにかなり安くしていただいて買った)。

 久留米絣は「いかにも木綿」なので、やっぱり場所を選ぶ。今回はわりとカジュアルでもOKな集まりだったので、初お披露目。
 同じ日に博多織献上館で買った半幅帯をあわせ、半襟は自分で蓬で染めた木綿レース(あんまり見えないが)。とりあえず色だけで選んだ。まあまあかな? 白の半襟と帯でもすっきりしていいかも。
 
posted by みず穂 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする