2009年07月27日

お茶会デビュー

今頃6月の話だけど(汗)。

 お茶のお稽古のメンバーの一人から、お茶の水女子大学表千家茶道部主催の水無茶会の誘いがあり、10人で参加した。
 初心者なのに、早くもお茶会デビューである。どきどき。

お茶会に向かう.jpg 大学の茶道部のお茶会、といっても文化祭レベルではない。会場は東京国立博物館の中の有名な茶室。中を歩くだけでなんだか非日常である。

 単衣シーズンで雨予報。すてきな雨コートのメンバーはじめ、みんなそれぞれ工夫した着物姿で参加。うーん、絵になるなあ。
 会場にも、さすがに着物姿が多い。

お茶会の着物.jpg 蒸し暑くてコート着たくなかったので、悩んだ末、私はサマーウールの単衣。お茶会に半幅ってわけにもいかないよね・・・と白ベースの単帯。なんとなくお茶会モード(ほんとか?)。結局雨には降られずにすみ、ラッキー。


六窓庵.jpg お茶席は3つあり、まずはお濃茶席の六窓庵に並ぶ。小さな茶室なのでなかなかすすまず、大行列。
 でも、私達のすぐ後で早々に終了の札が出て、やっぱり最初に並んで正解だった。
 六窓庵は江戸時代の茶人、金森宗和ゆかりの茶室で、奈良の興福寺からこちらに移築されたものだという(看板より)。

にじり口アップ.jpg
 中の写真は撮れなかったが、ほんとに小さな小さな茶室。写真はにじり口から出るところ。そもそも「にじり口」が初体験で新鮮だった。
 二畳ほどの空間に、ぎっしり(笑)。そして、すぐ目の前でお手前。ここは、ベテランの先生方のお手前で、お菓子は笹屋の「岩清水」。お菓子も美味しく、お茶の香りがとても濃くて、すてきな経験になった。お茶室そのものの風情もすばらしい。

庭の様子.jpg このあと、「九条館」でOGの方々のお席、「応挙館」で現役の学生さんのお席を堪能。床の間の設えもお道具も、贅沢でなく工夫が凝らされていて、とても見ごたえがあった。
 OGの方の上品な色無地にうっとり。現役の学生さんは振袖・・・かと思ったら、制服ぽい黒のスーツでちょっとがっかりしたが、それはそれで清楚ですてきだった。
 現役学生さんの席は、ガクアジサイが茶花で、お菓子も紫陽花がテーマ。自分達でテーマを考えたのかな? 二十歳そこそこでこんなふうにお茶席ができるなんて、すばらしい。うちの娘もこんなふうになったらいいなあ〜とすぐに母目線(笑)。

 半日お茶三昧で、充実した1日だった。すばらしい着物姿もたくさん見られて幸せ。お茶の先生が同行してくださったので、あれこれ解説していただいて、とっても勉強になった。感謝。
 来年もいけるといいな〜。
posted by みず穂 at 22:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

浴衣でお稽古

 月イチで参加しているお茶のお稽古に行ってきた。

絞りの浴衣.jpg 最高気温32℃、の予報にくらくらして、今年初めての浴衣。
 浴衣は夏着物より暑い、という話もあるのだけど、この浴衣に限ってはそうでもない、と思う。絞りのせいか、わりとさらっとしていて熱がこもらないのだ。であれば、やっぱり長襦袢はないほうが涼しい!

 この浴衣を買ったのは3年前。当時の記事がこちら
 藍染浴衣が欲しい〜とブログ上で騒いでいたら、いい店を紹介してくださった方がいて、セールで半額でゲット。誕生日に夫に買ってもらったので、自分でお金を出したわけではないが「こんなに着物にお金かけたの初めて」だった。今でも一番のお気に入り浴衣である。

 最大の難点は、藍が色落ちすること。なので、帯を選ぶんだよねえ・・・この半幅帯は裏が藍色なので、木綿で涼しさはいまいちなのに出番が多い。ほんとは紗献上をあわせたいのだが、色落ちが怖くて躊躇してしまう。足袋もこすれて青くなったりするし。

 それでも藍染めは、着ていて嬉しいんだよね。

麩まんじゅう.jpg 本日、主菓子買出し係。主催者の推薦で、甘泉庵の麩まんじゅう。
 中野駅からすぐの、サンモール商店街の中にあるのだが、場所を勘違いして1時間近くぐるぐる歩き回ってしまった(間抜けすぎ・・・)。
 で、お稽古の前に体力を使い果たしたりしたのだが、この麩まんじゅうが感動的に美味しかった! 冷たさが命の和菓子なので、保冷バッグと保冷剤持参したのだが、そのかいもあったというものだ。

練りきり.jpg お店にあった夏の練り切りも美しく、ついつい自宅用に購入。
 最近娘達も和菓子好きになっているので、お土産に。だけど、麩まんじゅうの方が圧倒的に受けた。また買いにいってしまうかも・・・

 肝心のお稽古はというと、・・・なかなかお手前覚えきれず、ほんとぼちぼち、である。参加者の夏着物が美しく、目の保養。カメラ持っていかなかったのが惜しまれる。
posted by みず穂 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

へちまの帯枕

 この夏、涼しさを求めて買ったもの。

へちま枕.jpg へちまの帯枕。
 月イチで通っているお茶のお稽古で「へちまの帯枕が涼しいらしい」という話がもりあがったのが6月くらい。で、メンバーの一人が「コイキモノ」というネットショップで格安のへちま枕をみつけてくれた。

 この商品。今は900円でお一人様一点限りだけど(あ、改めてみたら完売してた・・・)、私が買った段階では800円で、個数制限がなかったので、送料無料になる個数買ってシェアした。今年の夏は私のまわりでは、この帯枕率、すごく高い(笑)。

 今年はこれを使って、羅の帯をもうちょっと活躍させる予定。
posted by みず穂 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 箪笥の中身 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

恒例、夏着物で鰻

 ここ数年の恒例、夏着物で鰻を食べるオフに、今年も行ってきた。

食後風景.jpg 今年は夏着物(&浴衣)で8名が集合。絽あり紗あり上布あり、帯も絽に羅に麻など、それぞれ個性的な装い。外は蒸し暑いけれど、目に涼しい夏着物、やっぱりすてきだ。



うなぎオフ全身.jpg
 私は昨年と同じ夏お召しに羅の帯。結局この着物は「夏お召し」であろう、ということに落ち着いている(昨年は「夏銘仙」と書いているのだけど)。
 なんだかシャボン玉か飴玉みたいに見える柄がかなり気に入っている。近所のリサイクル店(着物の、ではなくむしろ洋服メイン)で、運命的に出会ってしまった1枚。前はどんな人が着てたんだろう。

 昨年はピンク系だった帯締めと帯揚げを、今年は寒色系にしてみようと思い、水色と白のレースぽい帯締めを買った。涼しげな帯留めでもしたかったのだが、帯締めの巾がありすぎて金具が入らず、とりあえず普通に締めた。結構しっくりしているかな?

うなぎオフ後姿.jpg
 後ろはこんな感じ。
 最近名古屋帯の練習を再開して、そこそこ締められるように。羅の帯は透けるので、あまりごまかしがきかないのが難なんだけど。
 下は最近欠かせなくなった「あしべ織汗取肌襦袢」にステテコ、麻の長襦袢。透ける着物は長襦袢を着ないわけにはいかないので、これが一番涼しい取り合わせ。




うなぎ.jpg
 老舗、「明神下 神田川本店」の鰻は毎年楽しみ。一人ではとても入れない店なので、このオフだけの贅沢、という感じである。


きもやき.jpg 直前予約では食べられない(数がとれないので)、人気の肝焼き。幹事さんが気をきかせて早めに予約してくれたので、今年は2人で1本食べられた。
 これがまた美味しい!!

 夏着物と鰻を堪能して、さあ、夏本番、である。夏着物、暑くても楽しんで着たい。
posted by みず穂 at 23:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする