2009年08月29日

お宮参りの着物探し

 7月末、妹に女の子が生まれた。
 久しぶりの赤ちゃんで、一家で盛り上がる。この夏は赤ちゃんが主役という感じの日々。もうかわいくてかわいくて。暇があれば会いに通っている。

 妹の夫の仕事の都合で、9月半ばにお宮参りをすることになった。
 赤ちゃんにかける着物は、写真館の無料レンタルがあるらしい。必要なのは妹と母(義母にあたる方は他界されているので、赤ちゃんは母が抱いて写真をとる)の着物。
 妹は着物にあまり興味がなく、持ってないし着られない。で、はりきって調達を引き受ける私。

 実は、私自身はお宮参りってしたことがない。母は「お宮参り」という行事自体を知らなかったので何もいわなかったし(地域性かなあ)、私は知ってたけど別にいいか、って感じだった。
 自分の出産当時は着物に目覚めてなかったので、行事に対する熱意がなかったのだ。なので、私にも初体験の着物選び。わくわく。

 何がいいかなあ、と思いめぐらせ、はたと気づいたのだが、9月って単衣じゃん! 持ってる礼装系の着物は袷しかない。単衣はサマーウールと紬だけ。いくらなんでもそれじゃなあ。

 で、久しぶりに単衣を買うぞ! と気分が盛り上がり、平日に休みをとって、目黒の「時代布 池田」と鶴見の「かないや」をはしごした。

 「そもそもお宮参りにはどんな着物がいいのか」から相談スタート。訪問着、付け下げ、色無地あたりが相場らしい。
 池田では、アンティークで派手目の訪問着をすすめられた。ただ、袖長めだったり(若い母ならいいと思うけど、妹は高齢出産だし、長襦袢もあわない)、予算に見合わなかったりでなかなか決まらず。

単衣訪問着.jpg 色が地味だがすっきりきれいな訪問着、5000円のものを1枚購入。
 気に入ってるけど、これは妹ではなく母の着物候補(母も礼装単衣をもってない)。
 これにあわせる帯をきいてみたら、黒のすてきな絽がでてくる。9月に絽、はいいのかなあ? 池田の方は全体的に「アンティークだし」「すてきならOK」というスタンスなのだと思う。予算オーバーだったので、保留にしてかないやへ。

 かないやの方は、お宮参りならこういうの、とかなりきっぱり。帯は袋帯をすすめられる。礼装ならサイズぴったりでないと、ということで、候補は意外と少なかった。

色無地コーデ.jpg 事前にネットでチェックして出しておいていただいた商品と、その場でもっとこういうのはないか、と相談して出していただいたものを試着。
 で、お宮参りならやっぱりこういう色目がいいかなあ、と落ち着いたのが桃色の色無地。写真だとわかりにくいけど、微妙にグラデーションが入っている染めで、きれい。
 サイズもぴったり。身幅が少し広めで、産後体型の妹にもばっちり。
 帯は、買い物につきあってくれた着物友、ひろみさんが棚から引っ張り出してくれたものに一目ぼれ。値段は着物も帯も同額で、15000円の10%オフ(夏バーゲン?)で13500円。
 写真であわせてみている帯揚げ・帯締めは手持ちのもの。

銘.jpg この色無地、裏に銘が入っていた。お店の方が「これ、作家ものですよ」と。ほんとかなあ? 
 だからなんだというわけではないけど、この微妙な色合いは、もしかしたらこの方の作風なのかも。

紺色無地.jpg この桃色とどちらにしようか迷った、紺の色無地。
 写真だとわからないけど、地模様がきれいで、着てみるとかなりいい感じ。
 しかも5000円の10%オフで4500円。結局安さもあって、押さえでこちらも購入。サイズもぴったりで身幅広めだったし。帯は妹の結婚式で買った袋帯が似合うかな、とあわせてみた。

 買った3枚の着物と帯を持って実家に行き、衣装合わせ。結局、妹は桃色の色無地、母は紺の色無地に落ち着いた。
 訪問着は単品で見るときれいなんだけど、着てみると色無地の方が引き立つのだ。洋服でもごちゃごちゃしたプリントより、すっきりした単色のワンピースがかっこいいのと似てるかも。まあ、着る人によるけどね。

 色無地って、柄がないからつまんない、と長らく敬遠してきたのだが(苦笑)、この前のお茶会ですてきな色無地姿をたくさん見てから印象が変わった。これから私も着ていきたいな、という気持ちになっている。

 さて、あとはコーデと着付けの練習だ!

 
posted by みず穂 at 09:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 箪笥の中身 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

浴衣染め体験に参加

 ええと、5月の話ですが(大汗)。

つむぎの館.jpg 昨年も参加した、「つむぎの館」の浴衣染め講座に、今年は次女をつれて参加した。早起きして結城市まで日帰りの強行軍。

 昨年は希望日程が定員オーバーで参加できなかった「草木染め」のほうに申し込んだ。
 そろそろかな、とHPをチェックしていて、募集がでたら焦って申し込んだのだが、当日いってみたら私と娘のほかにはあと1人だけで、ほぼマンツーマン状態。日程によるのかな。

 浴衣まるまる一反分を草木染めする体験って、ここ以外ではあまり聞かないような気がする。色はソメイヨシノの桜色、矢車の淡黄色、媒染をかえて鼠色の3色から選択。
 娘が淡黄色を選んだので、私は桜色にしてみた。もう一人の方(男性)が鼠色を選択したので、三色全部みられることに。嬉しい!

 染めの方法は毎年趣向が変わるのだが、今年はなんと、塩ビ管を使って直線に濃淡を染め分けるという、画期的な染色だった。

水遊び状態.jpg  さいしょはこわごわ、へっぴり腰でやっていた次女も慣れてきて、後半は水遊び状態。なんで水遊びって楽しいのかなあ。ざぶざぶやってると、私もテンションがあがってくる。




布をほす.jpg
 あいにくの天気だったので、空に翻る反物をみるというわけにはいかなかったのだけど、染め見本を縁側に干して記念写真。この布は、袖の型を固定するときにはさんだガーゼ。これが体験日のおみやげ。交換して、1人三色持ち帰った。いやー楽しかった!




 染めた布はさらにつけておき、干して仕立てて送ってくれる。で、夏の初めに浴衣の形になってやってきた。

浴衣仕立て上がり比較.jpg これが仕立てあがってきた浴衣。
 娘にてきとうに着付けたら、おはしょりがすごい状態になってしまった。細いのでなかなか難しい。子どもの着付け、練習しなきゃ・・・
 ちなみに、娘と私の袖のデザインは、並んだとき対称になるようにしてみた。これは一緒にお出かけしないとね。


 浴衣染め体験、子ども料金があるわけではないので、2人分の出費はちょっと痛かった。
 でも、付き合いのいい次女も来年は中学生で、こんなふうに一緒に体験する機会も今年限りかも、ということで奮発。いい思い出になったと思う。
 なんか、ちゃっかり夏休みの自由研究にも利用するみたいだし(笑)
posted by みず穂 at 18:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 工房探訪・体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする