2009年09月26日

色無地で初お出かけ

 シルバーウィーク最終日、初めて色無地でお出かけしてみた。

 ・・・というか、お宮参りの色無地単衣はしばらく着ないだろうから、念のために丸洗いと汗抜きに出しておこうかと思い(母はかなり汗をかいていた)、どうせならその前に一回着るか! と思っただけなんだけど。

桃色色無地で.jpg 実は色無地を着るのは初めて。

 行き先は日生劇場(次女とミュージカル鑑賞)、そして最終日の「海のエジプト展」。
 礼装ぽいのはいまいちあわない場所だし、なるべく「ワンピース感覚」のコーデに持っていきたいと思い、カジュアルな白の帯に、ボタン色のレース帯締め、鼈甲の小さな帯留をしてみた。帯揚げは帯締めと着物の中間くらいの色の絽。

 でも写真でみると、やっぱりちょっと礼装ぽいかな。刺繍半襟なんだけど、遠目でみると白だし。もっと柄のついた半襟を多めに出すような感じでもよかったかも。

 すべりのよすぎる生地が、身幅が少し私には広いのもあって、思ったより着づらかった。単衣で軽い割に、着ていて少し疲れるのも意外。
 足下がエナメル草履だったのも、たくさん歩くにはちょっと向かなかった。やっぱり、歩き回る日は畳表か下駄がいいな。

 色無地って、着物にはまって3年間は、まったく興味のないジャンルだった。柄がなくて面白くないし仲居さんみたいになるし、って。

 でも、最近お茶会ですてきな色無地姿をたくさんみたこともあり、「着てみたい着物」のひとつになりつつある。しかし、すてきに着こなすにはまだまだ修行がいりそうだ。


 ところで、最新刊の「七緒」はまさに色無地特集。
 この雑誌、創刊からずっと買ってるんだけど、自分の興味と特集される内容がかなりリンクしているのが不思議。着物にはまると、たどる道は似たようなもの、なんだろうか?
posted by みず穂 at 15:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

スタンプラリーオフ、今年もやります

 染めのまち落合スタンプラリーオフ、今年もやります!
 昨年の様子はこちら
 イベントの案内はこちら
 今年は京都の工房とのコラボ企画もあり、またパワーアップしているようですね。

 日時:2009年10月17日(土)
   10時に西武新宿線下落合駅の改札集合
   (工房に近い方。高田馬場から来る場合、踏切を渡ります)

 基本的に昨年と同じコースでまわります。東京手描友禅工房協美→松綱染工所→吉澤湯のし加工所→二葉苑。途中参加もOKです。
 お昼はやっぱり割烹桃山かな。

 一緒にまわりたい! という方、コメントお願いいたします。
posted by みず穂 at 09:28| Comment(7) | TrackBack(0) | 着物つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

お宮参りプロデュース

 先週、妹のお宮参り、無事終了したのでご報告。

 天気予報は曇り一時雨。雨コートが2枚しかないので、自分の着物はあきらめて妹宅に移動。
 そこで、母の着付け(忘れたというので・・・)、と妹の着付け。グッズを揃えたりといった事前準備をがんばったので、なんとか1時間ちょいで完成!

 久しぶりの二重太鼓は、きくちいまさんの「よくわかる きものの着付けと帯結び」を片手にがんばった。この本、人に着付けてあげるポイントが書いてあってすばらしい。

お宮参り3ショット.jpg
 で、これがその成果。
心配していた雨もなんとかあがり、無事水天宮にお参りして写真がとれた(その前にスタジオアリスで写真撮影もばっちり)。

 妹は桃色の色無地に、私が妹の結婚式で閉めた帯(8月29日の写真では、紺の色無地においてあるもの)。
 母は紺の色無地に金銀の帯。スタジオアリスでレンタル(無料)した、赤ちゃんの着物が赤だったので、なかなか映えたと思う。

 実は、母と妹の着物選びしてたら、義弟が「自分も着たい」と言い出した。
 父の紬(一度も袖を通していない)がサイズあいそうだったので、 「かないや」で、その紬に合う羽織(しつけつき、新古品)を1500円でゲット。「一家で和装」にチャレンジすることに。
 ほんとは袴もいるのかもしれないが、写真館スタイルだと、父親は下半身があまりうつらないからいっか、ということにした。
 義弟は、本をみながら自力で着てた。やるなあ。  

 当初は運転もあるから、義弟は写真館だけ和装で、お参りは洋服に着替える、ということになっていたのだが、着てみたら気に入ったようで、そのままお参りした。足元の用意がなかったので、サンダルだったりするのだが(笑)。

 でも、一家で和装、すごくいいと思う。私も満足!
posted by みず穂 at 23:31| Comment(5) | TrackBack(0) | 着物をめぐる物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

向山庭園でお稽古

 月イチで続けているお茶のお稽古。いつもは中野の某区民館に集まっているんだけど、8月は趣向を変えて、向山庭園のお茶室で開催することに。

茶室.jpg としまえんプールはよく行ってたけど、すぐ隣にこんな場所があったなんて知らなかった!
 緑が豊かで気持ちが安らぐ。とても贅沢な気分だ。エアコンのききは悪かったけど(笑)。

茶室の中.jpg 会の主催者は、十年以上前にここでお手前をしたという。古いけど、窓からのぞく緑の紅葉が美しい、すごくフォトジェニックな茶室。でも3月に取り壊しが決まっているそうだ。なんてもったいない。
 ここは、お茶道具など貸し出してくれる。お茶室は人気なので、なかなかとれないよう(がんばってくれた主催者に感謝)。

 この会はちょうど一周年。月に一回とはいえ、みんなちゃんと自主練してとてもうまくなっている。何度もチェックが入って時間がかかるのは私くらいで、みんなスムーズなほれぼれするお手前ぶりだ。

 私も本は買ったのだが、ついついさぼって、いつも当日反省。

浴衣でお手前.jpg 春に桜で染めた浴衣、なかなか着る機会がなかったので、ここでおろしてみた。
 お稽古のあとに餃子で暑気払い、という企画だったので、汚れても洗える浴衣がいいかな、というのもあって。

 この日、かなり暑かったのだが、浴衣より夏着物率が高くてびっくり。
 もともと着物好きの集まりなので、いつものお稽古も着物着用率100%なんだけど(先生によると、これってめずらしいことらしい)。
 私は暑いとすぐ半幅帯に流れるのだが(帯揚が暑い)、絽の帯に帯揚げ&帯締めが多数派。すごい・・・

 ・・・と書くとなんだか堅苦しい集まりに聞こえなくもないけど、お稽古のあとの暑気払いではみんなはじけていて、腕まくり上げ、「お兄さん」になっていた。写真は自粛するけど、個室でよかったね、みたいな。そのギャップも楽しかった。

 すてきな写真はメンバーのTさんにいただいたもの。いつもありがとう!
posted by みず穂 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする