2009年12月09日

向山庭園で炉開き

 すでに先月の話だけど(最近こんなのばっかり・・・)。

 お茶のお稽古の炉開きが、練馬の向山庭園で開催された。
 この場所をとるのに、近所のメンバーの方がいつも抽選に出向いてくださっている。ありがたいことだ。

向山庭園秋.jpg 紅葉を期待していったのだけど、今年は少し遅いようで残念。
 窓からみえるもみじはまだ半分以上青かった。

菊.jpg でも、庭には見事な菊が!
 ちょっとした菊イベントだったようで、入り口前にも飾られていた。


もみじの羽織.jpg この日のコーデのポイントは紅葉柄の羽織。やっぱりこの時期に着たい1枚。

 羽織も、濃い桃色の色無地(お召しかな?)も、元ブログ相方、eribowからのいただきもの。羽織はかなり前に譲ってもらったのだが、着物は最近。この着物は彼女が初めて買った1枚だったと思う。
 単品で着ると地味だけど、この羽織との相性はいい感じだ。

帯まわり.jpg 帯は妹のお宮参り用に買って、結局使わなかった黒の袋帯。わりと何にでも合いそうなので、これから活躍すると思う。

 帯揚げは数年前、花想容の桜染め体験で、自分で染めたもの。もう2年以上前だ。そのときの様子はこちら。なつかしいなあ。
 いまひとつうまく使いこなせていなかったのだが、この着物にはよく合う。

 帯締めは、ブログつながりの着物先輩に譲っていただいたもの。幅が太めで華やか。自分ではなかなか買えないので、嬉しい。

カラスウリ.jpg この日の茶花のメインはカラスウリ。とってもかわいい。

 肝心のお稽古はいまひとつ上達しないものの、いろんなことを教わりながらお茶をいただく1日は、ほんとに貴重。
 着物を着始める前は、自分がまさかお茶のお稽古に通うとは、想像もできなかった。
 着物を通じてたくさんの出会いがあり、そのつながりから新しい世界が広がっている。
posted by みず穂 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする