2010年05月20日

桜柄の半衿染め体験

・・・・もう2ヶ月近く前の話で恐縮ですが。

半襟染め1.jpg

 3月26日、「染の里 二葉苑」の春イベント、「桜柄の半衿染め体験」に友人たちと参加してきました!
 これ、着物でないと参加できないイベントです。久しぶりに黒の銘仙に、桜イメージの半幅帯。

半襟染め2.jpg

 すでに桜柄にのりがおいてある布に、ピンクとグレーのどちらかを選び、色をのせていく体験。私はグレーを選択。
 塗り絵みたいで簡単そうだけど奥が深い。筆の持ち方や染料の扱いなど、職人さんの注意がびしびし。
 一度ざっとグレーで色をのせてから、濃い桃色でさらに色を重ねます。
楽しい〜〜!!

 染めた半襟をそのあともらえて、500円。これ、材料費にもなっていないのでは・・・準備も大変でしょうに。

桜半襟.jpg

 そして、後日仕上げて送っていただいた半襟がこちら。
来年の新春から使おうっと。

 ここのイベントはリーズナブルで、内容もいつも魅力的。スタンプラリーの初回以来、何度足を運んでいるのやら。
 次は6月の大染色祭で、初日に泥染めと藍染めをする予定。
 こちらもとっても楽しみ〜。
 事前予約制なので、興味のある方はお早めに。
posted by みず穂 at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

小田巻つき帯締め

長野旅行でひとつ買い物しちゃった。

小田巻き帯締め.jpg

「小田巻(おだまき)」のついた帯締め。
先端についてるだけでなく、帯締めの途中に6つついていて
帯留めみたいに見せることもできる。かわいい。

「能登忠」の女将さんがつけていて、気になっていたところへ
「綿幸本店」で3900円だったので思わず・・・
いろんな色があってすごく迷ったんだけど、
あわせやすそうなベージュにしてみた。

帰ってきて検索してみたら、この値段はとってもお買い得だったのね。
もう一色買ってくればよかったかも〜。
posted by みず穂 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 箪笥の中身 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

長野着物旅

今回の長野行きは、クラシック博物館の虫干しが目当てだったんですが、
長野在住の友人がいろいろコーディネートしてくれ、
とっても充実した旅になりました。

しだれ桜.jpg

虫干し見学のあとは、「田中本家博物館」へ。
名物のしだれ桜はもう終わりでしたが、すばらしいお庭。

鈴蘭.jpg

花もたくさん。

館内の展示も充実(館内撮影NGで写真なし)。
今は刀と五月人形がメインでした。
おひなさまも観たかったな(4月中旬までの展示)。
建物そのものも見応えがありました。

そのあと、「能登忠」という懐石料理のお店でランチ。
長野の友人の、現地の着物友達とも一緒で、総勢9人。
初対面でも話のネタがつきないのが、着物つながりのいいところ。
とっても落ち着けるいい個室でした。

花籠.jpg

花籠のランチ。きれーい!
このお店の女将さんも着物好きな方で、
仕事着の着物の話など、いろいろお聞きできてよかったです。

クレマチスグラス.jpg

車移動の人が多いせいか、ノンアルコールドリンクが充実。
こちらは初めて飲んだ「ノンアルコールワイン」。
味は「甘くないぶどうジュース」という感じ。
私、下戸なのでワイン飲んだことがなく、新鮮な体験でした。
この季節だけ使うというクレマチスのグラスが美しい!

更紗の帯.jpg

ランチのあとは、皆さんの行きつけ(?)の呉服屋さん、「綿幸本店」へ。
更紗の作家さんが来ていらして、帯のオーダーをしている方も。
手描きの一点ものの小物も充実。

夏の帯など.jpg

夏物の反物や帯。すてきなものがたくさん!

着物は買えなかったけど、それぞれ小物を買ったりして
そのあと小布施へ足をのばしました。

小布施歩く3人.jpg

着物姿が似合うところですね〜

名物の栗菓子でお茶したり、おみやげ買ったり。
「北斎館」には、めずらしい北斎の肉筆画が(初めてみた!)。
充実した1日でした。

小布施歩く.jpg

案内してくれたIさん、同行してくれたみなさんありがとう。
秋も行きたいなあ。
posted by みず穂 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

須坂クラシック美術館へ

かなり放置してしまったけど、ブログ再開します。
放置していた間、いろいろありましたので、遡ってぼちぼちとアップしていく予定です。
よろしくおつきあいください。

昨日、日帰りで須坂クラシック美術館にいってきました!

看板前.jpg

着物友達4人で(一人はカメラマンしてます)。
お目当ては「春の大虫干し会」。

銘仙たち.jpg

大正〜昭和初期の着物がずらりと。壮観!
この虫干しイベントは年に2回、それぞれ1日だけやっていて、
春は単衣約40点がみられます。

銘仙1.jpg

銘仙を中心に、色とりどりの夏着物。

銘仙2.jpg

着物を干すのに、ハンガーではなく、「棒に和紙をまいたもの」を
使ってました。なるほど、その手があったか。

銘仙3.jpg

会場では白手袋を貸してくれて、
それをはめれば着物にさわっていいのです。
写真撮影も、フラッシュを炊かなければOK。
なんてありがたいイベント。
しかも着物で行くと、ポストカードのおみやげ付き。

銘仙4.jpg
銘仙5.jpg
銘仙6.jpg

大胆な柄行き、透ける独特の美しさ。もううっとり。

ガラスの前で.jpg

須坂クラシック美術館は、明治初期に建てられた呉服商のお屋敷。
建物そのものが市の指定有形文化財です。
ふきガラス(!!)でつくられたというガラス戸の前で記念撮影。
このガラス、近づいてみると微妙にゆがんでいたり気泡があったり、
なんだかみていて飽きない美しさです。

着物はお気に入りの久留米絣&ミンサーの帯。
長野日帰りで、5時起きだったのでカジュアルモード。

絵封筒1.jpg

「絵封筒モダン着物展」というイベントも開催していて、
こちらもとても楽しめました。
個人のコレクションが多いそうで、その数800点。

絵封筒2.jpg

こちらは鈴蘭柄。

かわいい封筒のコレクションって、なんだかとてもわかる。
今の小中学生だってやりそう。

外からみたときは、「こんなに小さい施設?!」って思ったけど、
かなり盛りだくさんに楽しめました。

長野の旅、まだ続きます。
posted by みず穂 at 17:39| Comment(7) | TrackBack(0) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする