2010年05月03日

須坂クラシック美術館へ

かなり放置してしまったけど、ブログ再開します。
放置していた間、いろいろありましたので、遡ってぼちぼちとアップしていく予定です。
よろしくおつきあいください。

昨日、日帰りで須坂クラシック美術館にいってきました!

看板前.jpg

着物友達4人で(一人はカメラマンしてます)。
お目当ては「春の大虫干し会」。

銘仙たち.jpg

大正〜昭和初期の着物がずらりと。壮観!
この虫干しイベントは年に2回、それぞれ1日だけやっていて、
春は単衣約40点がみられます。

銘仙1.jpg

銘仙を中心に、色とりどりの夏着物。

銘仙2.jpg

着物を干すのに、ハンガーではなく、「棒に和紙をまいたもの」を
使ってました。なるほど、その手があったか。

銘仙3.jpg

会場では白手袋を貸してくれて、
それをはめれば着物にさわっていいのです。
写真撮影も、フラッシュを炊かなければOK。
なんてありがたいイベント。
しかも着物で行くと、ポストカードのおみやげ付き。

銘仙4.jpg
銘仙5.jpg
銘仙6.jpg

大胆な柄行き、透ける独特の美しさ。もううっとり。

ガラスの前で.jpg

須坂クラシック美術館は、明治初期に建てられた呉服商のお屋敷。
建物そのものが市の指定有形文化財です。
ふきガラス(!!)でつくられたというガラス戸の前で記念撮影。
このガラス、近づいてみると微妙にゆがんでいたり気泡があったり、
なんだかみていて飽きない美しさです。

着物はお気に入りの久留米絣&ミンサーの帯。
長野日帰りで、5時起きだったのでカジュアルモード。

絵封筒1.jpg

「絵封筒モダン着物展」というイベントも開催していて、
こちらもとても楽しめました。
個人のコレクションが多いそうで、その数800点。

絵封筒2.jpg

こちらは鈴蘭柄。

かわいい封筒のコレクションって、なんだかとてもわかる。
今の小中学生だってやりそう。

外からみたときは、「こんなに小さい施設?!」って思ったけど、
かなり盛りだくさんに楽しめました。

長野の旅、まだ続きます。
posted by みず穂 at 17:39| Comment(7) | TrackBack(0) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする