2017年02月07日

日舞お稽古覚え書き たけくらべ その3 手鞠にこんにゃく?

本日の日舞お稽古は、ここまでのおさらい。

ぽっくりのような高い下駄を履いて踊る。これがなかなか怖い。
座ったり立ったりも難しいので、足さばきなど重点練習。
右足を後ろにまわして膝をつき、左足の下駄を倒して膝は斜め下に(床にはつけない)。
横からみると結構変だと思うが、前から見ると美しい座り姿に見える。
なおかつ、左足を軸にしてさっと立てる。
ここでおしりが出ると格好悪いので、背筋を立てたまま、すっと立ちたいところ。

手鞠をつく場面。
手鞠.JPG
※写真はイメージです

手首でつくのではなく、肩から先で大きくつく。
私の「手鞠をつく」イメージって、手首で拍子をとる感じなのだが
この時代の手鞠はゴムじゃないので、それでは弾まないのだそう。
確かにゴムまりはまだなさそう・・じゃあ手鞠の中身って?
師匠に伺うと、なんと「こんにゃく」を使っていたらしいという。
それで、弾ませる前に手鞠に息をかけて暖めるふりがあるのだそう。
(そうだったのか! ただ弄んでいるふりだと思っていた)

こんにゃくの手鞠・・・
ネットで調べてみると、「奈良の昔話」というサイトで増尾正子さんという方が
「手毬は、祖母の子供の頃(明治初期)は、こんにゃく玉などを芯にしてその周りを綿でくるみ、それを木綿糸で固く締めつけて球形にした上に五色の糸を美しくかがった」と書いていらした。
日本大百科全書にもこんにゃく玉などを芯にして、という記述が。
そうなのかー。全く知らなかった。
私は子どもの頃和歌山に住んでいたので、趣味で手鞠をつくる友達などもいたけど
中身は発泡スチロールだったからなあ。飾り物だったし。

たまたまだけど、2月22日(水)、昭和な家で手鞠をつくるワークショップ開催予定!
1日でできる、簪や帯飾りになる小さいサイズ。ついでに宣伝しておきます。
明日くらいにはHPにもアップする予定です。

posted by みず穂 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本舞踊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする