2017年02月24日

塩野の生菓子

昨日、赤坂で仕事が終わったので、ついつい塩野に行ってしまった。

ここの生菓子は高めだけど、安定の美しさと美味しさ。
赤坂の店でしか買えない(デパ地下などに支店がない)ので、
赤坂に行くと寄らなくてはいけないような気持ちになる。
季節ごとに新作が出てくるので、見ているだけでも楽しい。

7A3A9531.JPG
雛の宵(ひなのよい)。浮島に羊羹がサンドされている。

7A3A9533.JPG
HPで名前を確認しようと思ったら乗ってなかった。
花の名前だったはずだけど・・・なんだっけ。
もっちりした生地の中にこしあん。

7A3A9536.JPG
雛の袖(ひなのそで)。外郎製、黄味あん入り。
ここの黄味あんはうっとりする美味しさ。

和菓子大好きな娘達と分け合って味わう幸せ。
posted by みず穂 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 和の文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マリー・アントワネット展行きました

もう一昨日のことになってしまいましたが。
マリー・アントワネット展」いってきました。

ずいぶん前に前売り券買っていたものの、一緒に行きたいという娘2人となかなかタイミングがあわず、最終週に駆け込み。

平日だからと甘くみてゆっくり出たら、「2時間待ち」の表示が!
前売りを持っていたので優先的に入れはしたのですが
それでも入場までに1時間以上かかり、入ってからも結構な行列。
あまりゆっくり立ち止まれない感じでした。

でも、充分な見応えでした。
そして自分のフランス革命の知識が、ほぼ100%「べるばら」だということも再認識。
(しかし、まだ二十代の漫画家が、ネットのない時代によく調べたなーと改めて感動。
子育てや首飾り事件など、史実とフィクションの織り交ぜ方もすばらしい!)

マリー・アントワネットはファッションリーダーだっただけではなく、インテリアや食器までこだわっていたんですね。
お部屋再現.JPG

唯一撮影OKだった私室の再現。
意外とごてごてしてない。上質シンプルで色づかいがオシャレ。
食器も今でも普通に売られていそうな可愛いものが多くて、全然古さがない。
日本の漆器のコレクションも持っていたとか、へーという感じでした。

フェルゼンとの暗号の手紙にしても、自分で手がけた刺繍作品にしても、
結構じっくりものごとに取り組む人だったんだなという感じがします。
子どもたちを大事にしていたのも伝わってきます。
ギロチンにのぼったときの服や靴まであって、かなりリアルに人生をたどれる演出でした。

マリー.JPG
着物はやっぱりピンクかなと。
兵児帯をふわふわに結んだのですが、後姿は撮り忘れました。
posted by みず穂 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする