2008年10月07日

からくりからくさ

 草木染めネタつながりで、久しぶりに本の話を。

ロケセット.jpg 今一番はまって読んでいる作家が梨木香歩さん。きっかけは、清里でたまたま「西の魔女が死んだ」のロケセットをみたことだった。
 前から読もうかなと思っていたのだけど、この縁があって、帰りに書店で文庫を購入。で、そのままずぶずぶとはまり、この夏の間に、今出版されている文庫をすべて読んだ。そろそろ単行本に移行するか、というところである。単行本、重いから通勤読書に向かないんだけど・・・

からくりからくさ.jpg で、中でも一番好きなのが「からくりからくさ」。読んだことがある方なら、多分「なぜ好きなのか」は説明不要だと思う。
 古い家で、4人の女性と人形が共同生活をする。草木染めを生業にする蓉子、紬を織る紀久とキリムを織る与希子、異邦人(外国人、というだけでなく精神的にも)として登場し、この「家族」に癒されていくマーガレット、いのちを持つ市松人形の「りかさん」。

 「西の魔女」もそうだけれど、静かに静かに話は進行していく。けれど、ささやかなエピソードが絶妙にからみあい、鮮烈なクライマックスを迎える。ミステリーの要素もあり、長い話なのに一瞬も飽きさせないのはさすが。

 この話の中で、さまざまな草木染めが登場する。蓬、柏、桂、カリヤス・・植物を育てて、食べて、染めて、といった描写がとても染みる。一歩間違えばどろどろした話になりそうなところを、植物と染め織りのエピソードがからみ、独特のしみじみした読後感につながる。

 夏に草木染をやろうと思ったのは、この本の影響もあるんだろうな。そうそう、ひとつ前のsana-mamaさんへのコメントにも書いたけれど、読み返したらしっかり「(カリヤスは)穂が出る前に刈り取るのよ」っていう台詞もあった。

天蚕.jpg そして、天蚕のエピソード、これがやっぱり一番好きかも知れない。何度読んでも泣いてしまう。内容を書くとネタばれになってしまうので、ぜひ読んでね、ということにしておこう。
 写真はまさにその、天蚕の繭。蚕が出た後のもの。こんなにやさしい緑色なのだ。これも不思議な縁で、「からくりからくさ」を読み終えた頃、ある方からいただいた。


ヒメワスレナグサ.jpg おまけ。ロケセットにあった「ヒメワスレナグサ」。「西の魔女」を読んだ人には「これか!」だよね。

posted by みず穂 at 22:14| Comment(4) | TrackBack(1) | 着物つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うっわあ、「からくりからくさ」だ、梨木香歩さんだあ!
私も大好きよー!!
あの4人の中の一人になって共に生活したいと願うくらい。
もう、どの描写も脳内では映像化されていつでも再現できます(笑)。
「西の魔女が死んだ」も、原作も映画もぼろぼろ泣きました。
文庫本は私もほぼ制覇しているはず。「丹生都比売」とかも読みたいよー
はっ・・・暴走、失礼しましたm(_ _)m
Posted by ミモザ at 2008年10月07日 23:40
ミモザさんこんばんは!

わーい、仲間! 嬉しいです〜。
彼女の作品はとっても映像的ですよね。
「西の魔女」、実は映画は結局見逃してしまい(行くつもりだったのに・・・)、レンタル待ちです。
文庫化されてない本、結構ありますよね。「この庭にー黒いミンクの話」はミケル(マーガレットの娘)の話みたいだし。「沼地のある森を抜けて」もまだ読んでないので買うか図書館で借りるか悩み中です。
Posted by みず穂 at 2008年10月08日 22:24
お久しぶりです!!
梨木香歩さんと聞いて出てきてしまいました。
「からくりからくさ」大好きです。
あれを読むと織物や染物って素敵、って思います。

「りかさん」「この庭に 黒いミンクの話」の一連の話もいいですよね。

西の魔女・・・のロケ地行かれたんですね。いいなぁ。
確か今月一杯のはずですよね。行けそうになくて残念。。。
Posted by ちびび at 2008年10月08日 23:12
ちびびさん、お久しぶりです!コメントありがとうございます。
からくりからくさ、ちびびさんもお好きなんですね。
書いてみるものだなあ。

「りかさん」はまさに、蓉子の草木染めのことはじめ、って感じですよね。私も大好きです。「ミケルの庭」は文庫の「りかさん」に入っていたのですが、「この庭に」はまだ読んでないのです。とりあえず図書館で借りてみようかな・・・
ロケセット、期間限定なんですね。でも、なんらかの形で残すようなことを言ってたような。家は外からのぞくだけなんですが、庭にいろんなハーブがあって、「ああ、これがキンレンカか〜」なんて発見が面白いです。
Posted by みず穂 at 2008年10月09日 20:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107750062
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

西の魔女が死んだ、ロケ地(山梨県北杜市)
Excerpt:   「2008.6より 全国ロードショー」 映画「西の魔女が死んだ...
Weblog: kahy.info あおいのナチュラルライフ
Tracked: 2008-11-16 08:50