2008年10月13日

「きものの喜」へ行く

 「きものの喜」に行ってきた。
 いつも行きたいと思いつつ、なかなか都合がつかず、実に1年ぶり。前に行ったときはeribowと共同ブログやってて、彼女もスタッフだった。そのつながりもあって、着物友達にたくさん会えるイベントだ。

きものの喜じゅんさん.jpg 受付のじゅんさん。すてきな七宝焼き(手作り!)の帯留をしてらして、思わずオーダー。

 前と同じ会場なんだけど、ディスプレイも手作り商品もなんだかグレードアップしていて、見るのが楽しい。スタートには出遅れたので、結構売れてしまったものもあったようだけど。 
 お土産にかわいいミニ針山をいただく。これもじゅんさん手作り。ペットボトルの蓋を利用したアイデアグッズだ。

kemiさん作品.jpg kemiさんのつまみかんざし作品。前も買ってオーダーまでしているのに、また買ってしまった・・・ちなみに、左端の白の花のピン留め2つ。娘達にお土産、のつもりだけど自分で使ってしまうかも。ほんとは簪に惹かれたんだけど、髪を切ってしまって使えないんだよね・・・

お直し和裁.jpg 「お直し和裁研究会」のミモザさんと百合さん。今回は2Fの会場でシュシュづくり講座。百合さんが持っている看板はミシン刺繍でつくったものだそう。
 かわいい布がたくさん。今回は次の予定があったので、他の人がつくるのを見るだけ。次はちゃんと参加したい・・・

きものの喜.jpg 写真はkemiさんに撮っていただく。今日は父方の祖母(もう亡くなっている)が私の母に見立てたという紬。
 いつもコーデに悩んであまり着たことがなかったのだけど、今日はなんとなくはまったかな。帯は白の綿紬。暗い紫の帯締めに小さな鼈甲の帯留。
 半襟は写真だとわかりづらいけど、この前シソで染めた木綿の刺繍布。白よりも落ち着きがいいような気がする。

シネマ歌舞伎.jpg 会場で落ち合った友人達と、じゅんさんのHPで紹介されていた、ソニービルの「シネマ歌舞伎展」へ。
 展示会というか、ほとんどソニーのプロモーション的なイベントだったし、見られる特別映像はまさに「CM」なんだけど、なかなか面白かった。ハイビジョンで見る歌舞伎も、ライブとはまた別物として面白いかも。

posted by みず穂 at 22:25| Comment(6) | TrackBack(0) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日は、ご来場ありがとうございました!
シュシュ、完成品をご用意できなくてごめんなさい〜
そうよね、時間がなくて縫い物できないという方もいたのよね、想定不足でした。せめて、作り方プリントがあればお渡しできたのにそれすらもサボりホワイトボードにあわてて書く始末。。。^^;
今後のために、少し作りためておこうかな。
Posted by ミモザ at 2008年10月14日 08:34
ご来場ありがとうございました。
皆の手作りに触発されて、ビーズ以外にも挑戦してみました。
メールの件、了解しました。お渡しできるのは先になるかもしれません。どうかお待ち下さい。

何だか私の着物姿ガタガタ。お見苦しいです。携帯を挟んでいたら帯がゆるゆるに。
慣れない3分紐はダメですね。反省!
Posted by じゅん at 2008年10月14日 23:45
コメントありがとうございます!

>ミモザさん
いえいえ、娘の土産にいいな〜とその場で思っただけですので、お気遣いなく!
意外と簡単にできるんですね。今度娘とやってみたいです。
和柄のシュシュもいいものですね。

>じゅんさん
全く急ぎません! ゆっくり待たせていただきます。
ところで、見苦しいですか?! いつもきれいに着てらっしゃるな〜と思ってたんですが。あれだけ動きまわってたら誰でも多少着崩れるのでは・・・帯留見せて〜といじってしまったから紐緩んでしまったのかも?! ごめんなさいね。
Posted by みず穂 at 2008年10月14日 23:57
遅くなりましたが会場に足を運んでいただいた上に
お買い上げいただいてありがとうございました!
ステキな柄の紬ですね!
会場ではバタバタしてしまってあまりよく見ていなくて
惜しい事しました!
Posted by kemi at 2008年10月16日 07:56
遅くなりましたが先日は会場に足を運んで下さった上に
お買い上げいただきありがとうございました!
ステキな柄の紬ですよね!
もっとじっくり見せていただけばよかったと後悔中です(汗)
Posted by kemi at 2008年10月16日 07:59
kemiさんコメントありがとうございます!

いつもすてきな作品にうっとりです。
白い花はブログで拝見していいな〜と思っていたので
今回買えてよかったです。
紬褒めていただき嬉しいです。父方の祖母は着物で一生を終えた人なんですが(洋服の記憶なし)、亡くなった時は着物に目覚めてなかったので何も受け継げなくて。母がもらっていたこれだけが縁の着物なんです。
Posted by みず穂 at 2008年10月17日 07:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108032432
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック