2009年02月28日

漫画で楽しむ着物 その13

 久しぶりの漫画ネタ。もうたまってしまって、どこから書いていいやら状態。まずは、一番最近はまったものから。

ちはやふる.jpg 「ちはやふる」末次由紀さん。
 私にとっては今までノーチェックの作家さんである。ちょっと世代が違うのかな。
 百人一首を扱った漫画がある、という評判を聞いて、アマゾンでとりあえず3巻まで購入してみた。

 オープニング、いきなり着物たすきがけに袴姿のヒロイン「千早」のクイーン戦。おおっ! と思っていると、話は一気に6年前にさかのぼり、千早が小学校6年生で「百人一首」にはまるエピソードから物語が展開する。

 「百人一首漫画」なんだけど、正統派スポ根漫画。対戦をメインに、熱い友情や淡い恋がからんでいく。
 ただ、一試合に何話もかける(笑)スポ根ものが多い(偏見?)中、「ちはやふる」はものすごく展開がスピーディ。線のシャープさともマッチして、読んでてすごく気持ちいい。百人一首の試合そのものの「スピーディさ」もあるんだけど。印象としては、普通の少女漫画の3倍濃縮な感じ。要素がぎっちり詰まっているので、ものすごく読み応えがある。登場人物も魅力的。

 当然、百人一首好きな娘達もおおはまり状態。これ、百人一首やりたくなる漫画でもある。娘に頼まれて「かるた部」のある高校検索しちゃいましたよ。

 で、着物。小学生のエピソードに戻った段階で、当分着物は登場しないだろうなあ・・・と思っていたら、2巻では一気に時間がとんで千早たちは高校生に。小学生の世界もかわいくてよかったけど、主人公達が一気に美男美女になってどきどき(笑)。で、2巻最後に、強力な新キャラ登場。
 着物を愛する呉服屋の娘で和歌オタク、「かなちゃん」である。
彼女の登場によって、千早が着物のカタログのモデルになったり、かるた部が試合時に全員袴姿になったり、というおいしい展開に。
 ヒーローの一人「太一」の袴姿もかっこよくて(この物語は千早と、「太一」「新」という男の子2人の友情ものとしてスタートする。どうみてもそのうち三角関係、という感じだが、今のところ千早は天然で「かるたバカ」)、読む楽しさ二倍増しである。

 百人一首の世界と着物を堪能でき、友情ものとしてもすごくよくできている漫画だと思う。早く4巻でないかな〜。
posted by みず穂 at 10:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画で楽しむ着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わあい、着物漫画ネタだぁ。待ってました。
「ちはやふる」、色々話題になっていたので気になっていました。
「ヒカルの碁」の囲碁ブームのような、カルタブームが来ると面白くなりそうですよね。
私も読んでみようかな。
Posted by 福娘紅子 at 2009年03月01日 10:40
福娘紅子さんこんばんは! コメントありがとうございます。

かるたブーム、来るといいなあ。今のところ、正月しかできないので、娘達はもっとやる機会が欲しいと思っているようで。
私はもう相手にならないしね(苦笑)。
教室もあるんだけど、遠いんですよ。
読んだらぜひ感想を!
Posted by みず穂 at 2009年03月02日 22:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック