2009年03月25日

漫画で楽しむ着物 その14

 3月はいろいろあって着物でお出かけできないので、とりあえずたまった漫画ネタを書こうかと思う。

波津漫画.jpg 『雨柳堂夢咄』からはまった波津彬子さん。着物の書かれている漫画文庫は全部大人買い(写真は一部)。

 いやー、どれもこれも見ごたえたっぷり。泉鏡花原作ものの「鏡花夢幻」なんて、原作の妖しい雰囲気に絵柄がぴったりで、うっとりである。「魔のもの」がほんとに魅力的なんだよね。
 舞台衣装のような着物がまた、どのカットも美しい。文庫にもカラーページがあるといいのにな〜。

異国の花守.jpg 波津彬子さんご本人も着物でサイン会などされているそうで、着物に対する愛情を感じる。それがストレートに感じられるのが「異国の花守」。
 波津さんが住む金沢という土地と、日本文化への思いが溢れた作品だと思う。メインの登場人物は、大学を出たものの就職しそびれてぶらぶらしている雛子。茶道教授の大叔母、和歌子。その大叔母のところへお茶を習いに通っている、英国人で「日本オタク」なアレックス。そして、大叔母の庭に住む椿の精。
 ストーリー展開はとても地味なのだが、雛子がだんだん「花守」(文化の守り手、というか)に目覚めていき、アレックスとの恋を育てていく様子が丁寧に描かれている。しみじみ心温まる作品という感じ。失われゆく和の文化への思いが、アレックスの台詞を通して語られる。決してノスタルジックにではなく、未来につなげるものとして。

 お茶のお稽古風景がたびたび出てくるのも、習い始めた身にはとても嬉しい(波津さんの趣味もお茶だそう)。立ち居振る舞いがきれいに描かれているのもいいなあ。

 金沢は最近行ったけれども(仕事で)、古きよき街並みはほんとうに観光地化されている一部で、ほとんど「どこにでもある地方都市」の雰囲気だった。でも、こういう家がまだどこかにあったりするのかな。
posted by みず穂 at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画で楽しむ着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック