2009年07月27日

お茶会デビュー

今頃6月の話だけど(汗)。

 お茶のお稽古のメンバーの一人から、お茶の水女子大学表千家茶道部主催の水無茶会の誘いがあり、10人で参加した。
 初心者なのに、早くもお茶会デビューである。どきどき。

お茶会に向かう.jpg 大学の茶道部のお茶会、といっても文化祭レベルではない。会場は東京国立博物館の中の有名な茶室。中を歩くだけでなんだか非日常である。

 単衣シーズンで雨予報。すてきな雨コートのメンバーはじめ、みんなそれぞれ工夫した着物姿で参加。うーん、絵になるなあ。
 会場にも、さすがに着物姿が多い。

お茶会の着物.jpg 蒸し暑くてコート着たくなかったので、悩んだ末、私はサマーウールの単衣。お茶会に半幅ってわけにもいかないよね・・・と白ベースの単帯。なんとなくお茶会モード(ほんとか?)。結局雨には降られずにすみ、ラッキー。


六窓庵.jpg お茶席は3つあり、まずはお濃茶席の六窓庵に並ぶ。小さな茶室なのでなかなかすすまず、大行列。
 でも、私達のすぐ後で早々に終了の札が出て、やっぱり最初に並んで正解だった。
 六窓庵は江戸時代の茶人、金森宗和ゆかりの茶室で、奈良の興福寺からこちらに移築されたものだという(看板より)。

にじり口アップ.jpg
 中の写真は撮れなかったが、ほんとに小さな小さな茶室。写真はにじり口から出るところ。そもそも「にじり口」が初体験で新鮮だった。
 二畳ほどの空間に、ぎっしり(笑)。そして、すぐ目の前でお手前。ここは、ベテランの先生方のお手前で、お菓子は笹屋の「岩清水」。お菓子も美味しく、お茶の香りがとても濃くて、すてきな経験になった。お茶室そのものの風情もすばらしい。

庭の様子.jpg このあと、「九条館」でOGの方々のお席、「応挙館」で現役の学生さんのお席を堪能。床の間の設えもお道具も、贅沢でなく工夫が凝らされていて、とても見ごたえがあった。
 OGの方の上品な色無地にうっとり。現役の学生さんは振袖・・・かと思ったら、制服ぽい黒のスーツでちょっとがっかりしたが、それはそれで清楚ですてきだった。
 現役学生さんの席は、ガクアジサイが茶花で、お菓子も紫陽花がテーマ。自分達でテーマを考えたのかな? 二十歳そこそこでこんなふうにお茶席ができるなんて、すばらしい。うちの娘もこんなふうになったらいいなあ〜とすぐに母目線(笑)。

 半日お茶三昧で、充実した1日だった。すばらしい着物姿もたくさん見られて幸せ。お茶の先生が同行してくださったので、あれこれ解説していただいて、とっても勉強になった。感謝。
 来年もいけるといいな〜。
posted by みず穂 at 22:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大河ドラマのようですね。
凄いなあ・・・。
Posted by たはら at 2009年08月17日 18:14
たはらさん、こんにちは。
コメントありがとうございます!
お礼が遅くなってしまってごめんなさい。

大河ドラマみたいですか?
そういえばお茶の場面はよくでてくるかもしれませんね。
(最近では篤姫くらいしか見てないですが・・・)
Posted by みず穂 at 2009年08月25日 17:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124398736
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック