2009年08月25日

浴衣染め体験に参加

 ええと、5月の話ですが(大汗)。

つむぎの館.jpg 昨年も参加した、「つむぎの館」の浴衣染め講座に、今年は次女をつれて参加した。早起きして結城市まで日帰りの強行軍。

 昨年は希望日程が定員オーバーで参加できなかった「草木染め」のほうに申し込んだ。
 そろそろかな、とHPをチェックしていて、募集がでたら焦って申し込んだのだが、当日いってみたら私と娘のほかにはあと1人だけで、ほぼマンツーマン状態。日程によるのかな。

 浴衣まるまる一反分を草木染めする体験って、ここ以外ではあまり聞かないような気がする。色はソメイヨシノの桜色、矢車の淡黄色、媒染をかえて鼠色の3色から選択。
 娘が淡黄色を選んだので、私は桜色にしてみた。もう一人の方(男性)が鼠色を選択したので、三色全部みられることに。嬉しい!

 染めの方法は毎年趣向が変わるのだが、今年はなんと、塩ビ管を使って直線に濃淡を染め分けるという、画期的な染色だった。

水遊び状態.jpg  さいしょはこわごわ、へっぴり腰でやっていた次女も慣れてきて、後半は水遊び状態。なんで水遊びって楽しいのかなあ。ざぶざぶやってると、私もテンションがあがってくる。




布をほす.jpg
 あいにくの天気だったので、空に翻る反物をみるというわけにはいかなかったのだけど、染め見本を縁側に干して記念写真。この布は、袖の型を固定するときにはさんだガーゼ。これが体験日のおみやげ。交換して、1人三色持ち帰った。いやー楽しかった!




 染めた布はさらにつけておき、干して仕立てて送ってくれる。で、夏の初めに浴衣の形になってやってきた。

浴衣仕立て上がり比較.jpg これが仕立てあがってきた浴衣。
 娘にてきとうに着付けたら、おはしょりがすごい状態になってしまった。細いのでなかなか難しい。子どもの着付け、練習しなきゃ・・・
 ちなみに、娘と私の袖のデザインは、並んだとき対称になるようにしてみた。これは一緒にお出かけしないとね。


 浴衣染め体験、子ども料金があるわけではないので、2人分の出費はちょっと痛かった。
 でも、付き合いのいい次女も来年は中学生で、こんなふうに一緒に体験する機会も今年限りかも、ということで奮発。いい思い出になったと思う。
 なんか、ちゃっかり夏休みの自由研究にも利用するみたいだし(笑)
posted by みず穂 at 18:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 工房探訪・体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あの、素敵な浴衣はこうやって染めて作ったのねぇ〜
いい色に仕上がりましたね。

次女ちゃんの浴衣の色もいいわぁ
どちらかというと、母よりしぶよね(笑)
今度はぜひ、おそろいの浴衣きてお稽古されては?
おいしい和菓子を用意しておきます
Posted by 6子 at 2009年08月26日 12:32
6子さんこんばんは。
コメントうれしいです!

そうなの、皆さんに褒めていただいたので
そういえば書いてなかった〜とあわてて写真整理しました。
次女の色、しぶいですよね〜
お稽古、いつかぜひ!
Posted by みず穂 at 2009年08月26日 21:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック