2009年10月14日

着物で歌舞伎

 三連休中日、久しぶりに歌舞伎座へ出かけた。
 「さよなら公演」が始まってからは初めてだ。

加賀料理.jpg 着物友達6人で集まって銀座でランチ。大志満で加賀弁当を食べる。半個室みたいな空間でくつろげた。
 料理は見た目も味もよかった。幹事さんに感謝。

煮物.jpg 
一番美味しかったのはこの煮物(蒸し物かな?)。三種類くらいのすり身が重なっていて、薄味だけどだしがきいていた。自分でつくるのは大変そう・・・



 歌舞伎は夜の部だったので、銀座の着物関係の店をはしごする。
 買わなくても楽しい!

同行の友人1.jpg 同行の方々の後ろ姿。鼓の帯は、みる予定の演目「義経千本桜」にちなんだもの。かっこいいなあ。


同行の友人2.jpg こちらも。みんなそれぞれおしゃれ!

 外国人観光客らしき方に、写真に一緒にうつって欲しいと頼まれたりもした。
 銀座は着物姿が多いんだけど、集団だと声かけやすいのかな。

歌舞伎座前で.jpg 私の着物は、静御前にちなんで扇の柄(ちょっと苦しい?)のお召し。
 この着物、数年前にアンティークモール銀座のバーゲンで買ったのだけど、糸が弱って崩壊してきたので洗い張りして仕立て直した。
 5000円で買ったのにメンテに1万円以上かかってしまった計算だ。

 この色、私に似合うと思って買ったんだけど、非常にコーデが難しい。
 万能なはずの白半襟もどういうわけか、襟だけ浮いてしまうような感じであわないんだよね。

 今回は、茶のちりめん布地を切って半襟にしたもの。鞠の柄。
 帯も悩んだ末、茶の鳳凰柄の袋帯。前に共同ブログやってた、eribowにもらってきたものを初めて締める。
 きゅっと締めやすいのはいいけど、短くて、二重太鼓に一苦労。
 三部紐に、最近よく使っている鼈甲の帯留をあわせてみた。

演目.jpg夕方、お弁当を買い込んで歌舞伎座へ。

 ビギナーなので、イヤホンガイド借りて、説明ききつつ観劇。「義経千本桜」といっても、義経が主役じゃないのね。
 前半、ちょっと長く感じたけど、後半の吉野山以降は舞台も衣装も急に華やかになり、わくわくしながら一気にみられた感じ。
 チケットとってくれた友人に感謝。また行きたいな。
posted by みず穂 at 22:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当に楽しかったね♪
私のブログの記事にもリンク張らせてもらいました!
後ろ姿の掲載、ありがとうございます。
自分じゃ後ろ姿って、なかなか撮れないので。
Posted by logica at 2009年10月15日 14:00
ほんとに楽しかったね!
銀座はみるところたくさんあって、時間がいくらあっても
足りない感じだね。
そうそう、着物は後ろ姿って大事なんだけど
自分では撮りにくいよね。今度は言ってくれれば撮るよん。
Posted by みず穂 at 2009年10月15日 21:06
お久しぶりです、こんにちは(^_^)

みず穂さんのお着物、ステキです。
紫色って、半襟や帯の色あわせが難しいんですね。
あまり違う色をあわせてもぶつかってしまいそうだし・・・
意外に白の半襟が浮いてしまうんですね(°Д°)
みず穂さんが合わせた半襟と帯は、着物と合っていて落ち着いた感じです(^_^)

しばらくパソコンが使えなくなりますが、落ち着いたらまた遊びにきますね(^^)/

Posted by ひつじ at 2009年10月30日 15:56
ひつじさんこんばんは!
コメント嬉しいです。

いよいよお引っ越しなんですね。
引っ越しってパワーがいりますよね。身体は大事にしてくださいね。ブログ再開も楽しみにしていますね。
Posted by みず穂 at 2009年10月30日 22:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130280701
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック