2009年12月12日

振袖着ちゃいました

 これまた10月の話だったりするけど。

振袖.jpg ・・・振袖着ちゃった。

 お茶のお稽古で、あるお祝いにかこつけ、「外に出る訳じゃないし」なんてことを言いつつ、「箪笥のこやしになってる振袖着ちゃおう!」という企画が盛り上がったのだ。

 そんなわけで、二十歳の頃に着た振袖を引っ張り出してお稽古に。
友人の娘さんに貸し出したりはしてたけど、まさか娘の前に自分が着る日がくるとは思わなかった(笑)。

 これ、もともとは、祖母が叔母のためにつくった振袖で、お下がりで母のところにまわってき、私と妹が着た。私の従姉妹も着たと思う。刺繍が豪華な綸子。多分、結構高価なものだったはず。

 セットになっていた帯は、濃い緑の派手な鳳凰柄で、いまひとつ好みではなかったので、手持ちの袋帯をあわせ、コーデを変えてみた。
 帯揚げは濃い紫にしたら締まるかな、と思ったのだが、あとで写真でみると地味すぎるような。やっぱり振袖の場合は明るい色の絞りとかが正解なのかも。
 帯締めは、前回の記事でも登場していた頂き物。太めで金糸も入っているのでわりとしっくり。

振袖後ろ姿.jpg 帯は友人が文庫にしてくれた。これ、かわいいなあ。
 ぜひマスターして娘に着付けたい・・・

 二十歳で着たときは、好きな色でもなく、実はそんなに思い入れのない着物だったのだが、こうしてみると派手すぎず華やか。先生には「花嫁さんみたいな着物ね」とほめていただく。
 
 さすがにこの年で、振袖で出歩くのは憚られるけど、やっぱり気分が高揚する着物だなあ、としみじみ。袖が長いだけといえば長いだけなのに、不思議なものだ。

 久しぶりにしみじみ見たら、少しメンテをしたほうがいいような気がしたので、丸洗いと染み抜きに出してみた。まだまだ、何代か大事に着なくては。
posted by みず穂 at 14:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しブリですぅ☆
振袖でお茶、自由闊達な先生とご社中がとってもステキと思います。
この振袖、お嬢さん達にも活躍しそうですね。楽しみー☆
Posted by ぶり at 2009年12月18日 07:17
ぶりさんお久しぶりです。 
コメント嬉しいです!!

思えば、本格的にお茶をいただいたのって、
ぶりさんのお手前(八丈島)が初めてだったかも。
野点もありましたね。懐かしい!

いただいた帯締め&帯揚げ活躍しております(この振袖にあわせているのもそうです)。ありがとうございます!
Posted by みず穂 at 2009年12月19日 10:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135432615
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック