2017年01月12日

踊り初めと今年の課題

数日前になっちゃいましたが、1月8日は日本舞踊の踊り初めでした。

IMG_4454.JPG
正面から撮ってないのでポーズわかりにくいですが・・・
私が踊ったのは「京の四季」。
昨年7月の発表会で「藤娘」を踊り(この話は改めて書きますが)、
そのあと、基本の形をきちんとやりなおしましょう、というテーマでこの曲をお稽古。
5分弱くらいなので、繰り返し練習には向いていたと思います。
舞妓さんのお座敷芸みたいな踊りなので、宴会芸にもいいかも。

他の方々は「七福神」「祇園小唄(入ったばかりの方)」「島の千歳」「浅妻船」「三ッ面子守」「静」「お夏」。若者は20分超えの大曲でも短期間に覚えられてすごい・・・
師匠は「鏡獅子」。衣装つきで見たいな〜。

IMG_4485.JPG
踊り初めのあとは師匠と新年のご挨拶。
私は飲めないので形だけ。
そのあとはお稽古場で新年会。

で、次のお稽古曲は「たけくらべ」。次の発表会で踊ります。
樋口一葉のあれです。美登利 です。
ひゃー14歳の初々しい初恋とか。できるんだろうか・・・
しかも下駄を履いて踊るので、すっころばないように体幹を鍛えねば。
posted by みず穂 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本舞踊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック