2017年01月27日

三味線お稽古覚え書き その1

三味線お稽古は月に2回。
新年会終わって初のお稽古に行ってきた。

師匠には「落ち着いて弾けていました」とお褒めの言葉をいただく。
ただ、柄半襟はふさわしくないと姉弟子さんから指摘があったとかで反省。
お茶席では白半襟、とは思っていたが、こういう新年会もそうなのね。
着物が白だったので、なんとなく柄半襟をあわせてしまったのだけど
改まった席には基本白半襟、と覚えておこう。

さて、今日から新曲、「浜町河岸」。
お芝居を題材にした小唄で、結構スリリングな内容。
日本舞踊の会で「雪の浜町河岸」を踊った姉弟子さんがいらして、
その印象からなんとなく、恋愛のもつれの殺人話だと思ってたのだけど
もっと悲劇的な話なのね。

♪向うから来る小提灯
 夜風に消える命とも
 知らぬ箱屋の峯吉が
 はっとおどろく白刃の光
 ほんに思えば私ほど
 この世で不幸な者は無い
 小さいときから浮河竹の
 流れにうつる乱れ髪
 恋の花井のお梅の眉を
 細い柳に偲せる
 浜町河岸の宵の三日月

芸者のお梅が峯吉を殺す、ということなんだけども
別に恋愛関係の相手ではなくて
だまされてカッとなって殺してしまい
そのあと自首して無期懲役、という実際の事件がもとになっているようだ。
この事件を川口松太郎が「明治一代女」として小説にし、新派芝居にもしてヒット。
(ネットで拾った情報)

で、三味線の曲としては、めちゃおもしろい!!

いかにもお芝居な感じの緩急ある前奏や間奏。セリフに近い唄。
そして難しい−!!
昨年のうちに楽譜とテープ(師匠のお手本)はいただいていたので
ちょっとは練習して行ったのだけど、
師匠のスピードにはまったくついていけず。

夏の会では、師匠の三味線で、これの唄をやることになっているのだけど
三味線もぜひマスターしたい。がんばろう。
【関連する記事】
posted by みず穂 at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 三味線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446358283
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック