2017年01月29日

ウール着物と防寒の話

今年の冬はなんだかいつもより寒い気がする。
今日はちょっとましだったかな。

ウール着物.JPG
邪道だけど、家ではこんな感じでウール着物。昭和な家で作業するくらいだったら、同じスタイルで出かけてしまうことも。中に着てるのはユニクロのフリースのタートルネック。
着物で寒いのは首回りと手首足首なので、これだとほんとに暖かい。
ウール着物はまさに「全身セーター」という感じだ。

このウール着物は母が昔着ていた。これに限らず、うちにあるウールはほとんど母由来。実家にいた頃、何かの拍子にウール着物をみつけて、これ着たい、と思ったのが、のちに着付けを習うきっかけにもなった。
最初はあまり着物の区別がついてなくて、どこにでもウール着物で出かけていたなあ。

最近の進化したウールと違って、昭和30年代くらいのウールはみんなごわごわ。でも洗濯機で洗えるし、暖かいので日常着にはいいよね、と思う。

ところで下半身の防寒。
今年は、たかはしきもの工房の「足袋下ハイソックス」が欠かせない。
さすが寒冷地仕様の温かさ。長さが膝まであって落ちてこない。きつめの足袋はダメだけど、ちょっとゆるめの足袋だとしわも伸びていい感じになる。
さらに、生活クラブで買ったシルクのスパッツ。化繊だと静電気や毛玉がやっかいだけど、シルクは軽くて暖かく、裾捌きもよいのでお気に入り。ローライズだともっとよかったんだけど、和装用ではないのでいたしかたなし。



posted by みず穂 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック