2007年11月04日

漫画で楽しむ着物 その4

 またまた懲りずに漫画ネタ。今回は、最近古本屋でみつけたもの。

小袖屋へようこそ.jpg 『小袖屋へようこそ ―着物が語る幻想奇譚―』。もうタイトルがそのまんま、着物漫画! って感じ。残念ながら手に入れたのは二巻のみ。これは今年になってから文庫になったのね。
 「小袖屋」という異次元(?)の古着屋をからめ、着物にまつわるミステリー仕立ての物語が展開される。京都が舞台で、「夏越の祓え」「人形供養」「十三参り」といった季節ネタも交えて。ちょっと林真理子さんの『きものをめぐる物語』に近いかな?
 それにしても、物語になるのは着物だからこそ、という感じがする。これが洋服の古着じゃありえないよなあ。人の手仕事や思いがたっぷり含まれるのが着物。リサイクル着物を買うのがちょっと怖くなるかも。まあ、ストーリーはたいがいハッピーエンドなんだけどね。

<この記事は前ブログの2006-07-12のお引越し記事です>
posted by みず穂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画で楽しむ着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/75349274

この記事へのトラックバック