2008年01月12日

着物で百人一首

 1月6日、新春百人一首大会に子どもと参加した。
昨年に続き、もう3回目なので「恒例」と言ってもいいよね。

百人一首2008.jpg 今年は、ちょっとした取材も入ることになり、
せっかくなのでなるべく着物を着ましょうということに。
浴衣はともかく、冬の着物を持っている子は少ないのだが
小さくなった着物とか余分な着物とか持ち寄った結果
(私ももちろんたくさん貸し出し)
女の子は見事全員着物姿に。

着物っていってもポリもウールも振袖もあり、
よく見るとテイストはばらばらなわけだが、
子どもの着物姿はみーんなかわいい。

娘たちの着物.jpg 長女はポリ着物に袴。
この「袴」がポイントである。
着物は目立つし窮屈でやだ、とあまり着てくれない長女だが
最近新撰組の漫画にはまり、
袴なら着てもいいかな〜と言い始めたのだ。
百人一首なら袴、ぴったりだよね。ということで初めてこの会で着物着てくれた。やった!

次女の方は最初から着物着る気まんまん。
で、なぜか私の七五三の時の振袖が出てきたのを
これを着るといって譲らない。
まあ、ちびっこなのでぎりぎり着れるわけだが、
なんといっても7歳用(次女はもうすぐ10歳)、
あげを全部おろしても胸紐のあたりが変。

七五三の振袖.jpg 仕方がないので幅広の半幅帯でごまかす。
七五三用の帯は持ってきていなかったからだけど、
あとで思えば帯揚げをかけてやればよかったなあ。
長襦袢に赤い刺繍襟をかけていたのに、
百人一首で白熱するうちにみえなくなってしまった。



偶然なんだけど、
長女の着物と次女の帯は、
昨年亡くなった友人soyaの形見分けでもらったもの。
彼女が20代のときに買ったものだから
私より子どもたちの方が似合うのかも知れない。

posted by みず穂 at 23:02| Comment(16) | TrackBack(0) | 着物と子ども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おおっ長女ちゃん、かるたクイーンみたい!かっこいい〜。
次女ちゃん、母子2代の着物素敵〜。
そして親友からもこうやって受け継がれる、着物って途切れることない想いを内包してるのですよね。
Posted by ミモザ at 2008年01月13日 07:56
これだけの子供が礼装以外の着物を着て集まるって
そうはないですよね!
こうやってみんなが着るなら抵抗なく着物着てもらえそうで
いいですね。お嬢さんは新撰組ファンなのね。
私は敵方ファンです(笑)
Posted by kemi at 2008年01月13日 09:54
ミモザさん、kemiさんこんばんは。コメントありがとうございます!

>ミモザさん
そう、洋服だとこうはいかないですよね。私が着て、妹が着て、娘も着て・・・
今のようにリサイクル全盛ではないから、親の代の着物って「がんばってお金ためて買った」ものでもあるわけで、生かしていかないともったいないなあと思います。

>kemiさん
そう、着付けの手が足りなかったり白熱して着崩れたりといろいろ大変だったけど、子どもたち自身もちょっとうきうきしていたようです。やっぱり着る体験って大事ですよね!
新撰組、どうも高学年・中学生女子の間で少し流行っている模様。袴着たいって声、うちの娘だけではなく・・・どうも歴史的な人物のファンというより、漫画キャラ好きみたいなんですが(笑)
Posted by みず穂 at 2008年01月13日 20:44
こんなに着物を着た女の子達がそろう場ってないですよね〜!
当たり前だけど、日本の女の子は着物が似合いますね(^^)
長女ちゃんの袴姿、きりっとした感じがしてかっこいいですね(≧∇≦)b
百人一首大会にぴったり♪
次女ちゃんの振り袖姿もかわいいですね(^^)
自分から着物を着たいと言ってくれるなんて、将来が楽しみですね♪
Posted by ひつじ at 2008年01月14日 09:33
遅ればせながら、ブログ開設おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
着物を着るきっかけ、身近な友達でも、映画やマンガでも、何でもいいんですよね。私も、江戸時代の某氏が好きで江戸時代のことを調べていて、着物が着たくなったクチです。

上のお嬢さんとうちの娘は同い年なので、うちの娘も感化させることができれば!と思います。
さしつかえなければ、着るきっかけになった新撰組のマンガを教えていただけませんか?
Posted by 福娘紅子 at 2008年01月14日 11:17
うぅっ、皆、可愛い〜♪
上のお嬢さん、袴をはけるから、弓道か剣道それとも将棋を習うかしら。 下のお嬢さんは、柔らか物に目覚めてしまったのかしら。
母娘で着物、たのもしい一家♪(^^)
Posted by ぶり at 2008年01月14日 20:56
はじめましです。以前からeribowさんとの共同ブログを拝見していて
私もスローペースながら着物を安く(笑)お洒落にと楽しみ始めたので
色々と楽しんでロムっていて、いつかイベントなどに参加させてもら
いたいなと思っていたところ終了して残念だったのですが、みず穂さん
の新ブログが立ち上がっていたので嬉しくて初コメントいれてみました。
大勢の子供の着物姿、とても可愛いです。
これからもこちらのblogを楽しみにしています。
Posted by 砂糖 at 2008年01月15日 12:41
コメントありがとうございます!

>ひつじさん
でしょでしょ、もうかわいくて!
うちの娘もやっぱり似合います(親ばか)。
着たら褒めて褒めたおしてますので、
お調子ものの次女はすっかりはまってるのです(笑)

>福娘紅子さん
ごぶさたしてます! こちらこそよろしくお願いします。
お嬢さん、着物ばっちり似合いそうですよね。
春に一緒に十三参りしませんか?

ところで漫画。
娘に聞くと、どうも最初は歴史漫画で新撰組かっこいい!と
思ったようなのですが、
そのあと、「銀魂」とか私が与えた(笑)「風光る」とかで
どんどんはまったようです。
「風光る」は最近文庫化されてきたので、親子ではまってます。
また漫画ネタで書きますが。

>ぶりさん
おっ、ご明察! 実は中学に入ったら剣道部、と思っているようです。私としては弓道、憧れですが、中学だとまだ部活にはないですね。

>砂糖さん
はじめまして! 
かわいいブログですね。リンクに入れてもいいですか?
一人なのでイベントはあまりできないのですが、
春にはオフもしたいな〜と思っています。
これからもよろしくお願いしますね!
Posted by みず穂 at 2008年01月15日 22:00
レスありがとうございます!
リンク、恥ずかしいですが入れてもらえたら光栄です。
私のBLOGにもぜひこちらをリンクさせてください。
よろしくお願いします。

Posted by 砂糖 at 2008年01月16日 01:41
>砂糖さん
おはようございます。
リンク入れさせていただきました!
こちらもよろしくお願いいたします。
Posted by みず穂 at 2008年01月16日 08:11
マンガ、教えてくださってありがとうございます。
「風光る」は主人公が女の子だし、娘にも入りやすいかもしれません。
完結したら買うつもりでしたが、文庫化されたのでそろそろと思っていました。
「銀魂」は我が家もハマっています。新撰組(真撰組)は洋装だけどかっこいいです。でも、着物は、ほんとに適当に描いてありますよね(笑)。少年マンガだから、仕方ないけど。

13まいり、春休みは入学のあれこれで忙しそうで、厳しいかもです。
まず、うちは着物を着てくれなさそうだし・・・。
浴衣も、「友達と約束したから」と、しぶしぶ着るような感じ。着たらそれなりに嬉しそうではありますが。
Posted by 福娘紅子 at 2008年01月16日 08:17
みず穂さんこんにちは。こちらのブログでははじめましてですね。親子で着物好きとは羨ましい限りです。娘さんの着物姿、袴姿とてもかわいらしいです。(はいからさんみたい!)今年もどんどん着物生活ですね。

私は今年から和裁教室と日舞教室に通い始めます。以前少しお話した中野フォーラムの講座(日舞)を今月1/26(土)から通う事にしました。月に2回土曜日午後の講座です。みず穂さん、興味がありましたら声かけてくださいな。
Posted by ひろみ at 2008年01月16日 14:05
>福娘紅子さん
「銀魂」実はいまいち面白みがわからない私です。でも大人気ですね〜。あれでも「着物いいかも」ってきっかけにはなるようで。
高学年って難しい時期ですよね。うちの場合も全く乗り気じゃなかったんですが、私の一存で華やかな振袖(古着)買って着せてみたら心が動いたようで(笑)。着々と十三参りプロジェクトすすめているところです。

>ひろみさん
こんばんは! 娘の袴褒めていただいて嬉しいです。日舞、ぜひぜひ行きたいです。1月の間は休みがないので、2月から調整しようかな。まだ入れるかな?
Posted by みず穂 at 2008年01月16日 21:50
みず穂さん、日舞教室の件了解しました。先日ホームパーティーで先生や生徒さんに会いました。講座は途中参加でも大丈夫という事でした。今は生徒数も少なめだそうで、きっと丁寧に教えていただけると思います。今度行ったら、詳細お伝えしますね。先生にお伝えしてもいいみず穂さんのメアド今度教えてください。
Posted by ひろみ at 2008年01月17日 15:29
皆が着物でかるた取りって、いいですねぇ。
昨今じゃ、そうそう見られない光景です。
競技カルタの決勝戦は袴姿です。
というのは、すっごいアクティブな動きをするので、着物ではとても見られたものではありません。練習風景見てたら、ジャージ姿。ホントにあれは「スポーツ」ですわ。

んで、袴って、着やすいです。新撰組ファンならなおのこと「袴で」ってわかる。
私も新撰組からです。当時は、和田慎二先生の「あさぎ色の伝説」とか、木原敏江先生の「天まであがれ」でした。
「風光る」も「銀魂」も読んでますョ。


10歳は、七五三で揃えた着物(これを四つ身といいます)が着られくなる時期。つぎの着物を誂える時期です。
ウチもこの時点で、つぎの着物を揃えました。
ただ、世間では、七五三の次は成人式なので、この時期の「七五三っぽい、お子ちゃま柄でなく、といって成人式の大人っぽのでもない」というティーン向きの柄が滅多に見つからないので、結構面倒でした。正絹なら、呉服屋に言ってどんな色柄にもできるけど、化繊はそうもいかない。
Posted by 優妃讃良 at 2008年01月20日 15:56
>ひろみさん
了解ですっ! わーい楽しみ。DMしますね〜

>優妃讃良さん
そうそう、実は結構ハードですよね。着物、結構裾が乱れて大変でした。その点、袴姿の娘は裾周り気にしなくてよくて楽だったみたい。
新撰組から袴って実は王道なんでしょうかね?

10歳の着物、難しいですね。うちの娘はちびっこなので、大人サイズは肩上げしてもきついです。わざわざ誂えるのも・・・という感じです。リサイクルのウール着物とポリのアンサンブルでしばらくはしのぐかな?
Posted by みず穂 at 2008年01月20日 23:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック