2008年02月22日

漫画で楽しむ着物 その11

 「ヒロインの着物姿に惚れ直す」といえばこれ、「PARTNER」!

PARTNER.jpg これは連載ではなくて、ひょんなきっかけで社会人になってから読んだ。名香智子ワールド全開! な、美男美女が山ほど出てくる社交ダンス漫画である。
 社交ダンスものであるので、着物はほとんど出てこない。ただ、ヒロイン茉莉花は「いいとこのお嬢さん」な設定なので、母(これが、なかなかいいキャラなんだよね)がよく着物着ている。でもまあ、社交ダンスなんで(しつこいって)、スポ根的なところもありつつ、全編ひらひらふわふわキラキラなドレスの世界である。

 しかーし。絵のキラキラした感じにうまくカバーされているんだけど、実はこれって結構シビアな恋愛ものだったりする。主人公2人は最初から他の相手と恋愛しまくっている。それも全然プラトニックじゃなく。
 酔ってヒーロー砌の童貞奪った(!)年上美女が「欲求不満なのかしら・・・」みたいな独白する少女漫画ってこの時代珍しかったのでは? 潔癖お嬢様だった茉莉花も話がすすむうち、不倫の恋に溺れたりする。

 結構長い(文庫で8巻)シリーズ中、人間関係は予想を裏切った展開(これが面白い!)を続け、ラスト近くなって、この2人はほんとにもうどうにもならないのか、と思わせたところで、大どんでん返し、が茉莉花の着物姿なんである(ネタばれごめん! もう古い漫画だからいいよね?)。
 もう砌と一緒にダンスを踊ることもないかも、という状況になって、茉莉花はお見合いしたいと言い出し、美しい振袖姿に。そこへ砌が来合せ、文字通り惚れ直すのだ。振袖姿を見るまで、砌は確実に別の恋人のもとへ戻るつもりだった。なのに、「他の男に渡したくない」と一気にベッドシーン、そして結婚しちゃうという「えええっ?」という急展開の大団円。いやあびっくりした。

 ここまで細やかに気持ちの揺れを描いておいて、最後だけ強引だなあ、と読んだ当時は思っていた。しかし、改めて「着物姿」に注目すると、振袖姿の茉莉花はほんとに美しく描かれている。
 甘ったれお嬢さんだった茉莉花がいろいろあって、自分で気持ちの整理をつけて自立して、潔く砌を誘う、その美しさを最大限に引き出したのが着物だったとすれば、いまいち成長してない砌がくらっといかれちゃったのもわかるような気がしてきたぞ。
posted by みず穂 at 00:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 漫画で楽しむ着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あー表紙写真、やっぱ下手(>_<)すみません〜。このほかにもたくさんたくさん、いただいたり貸してもらったり、多謝です〜。

このマンガも、リアルタイムで少コミで読んでました。最後の大団円は唐突だったけど、雑誌で追っかけてると二人はいずれハッピーエンドになるだろうと予想はついてもハラハラし通しだったので、ラストはすごーくホッとしたのを覚えています。
うん、高子さん(茉莉花のお母さま)、かっこいいよね〜。娘のドタバタや夫のオロオロに全く動じず事を静観していて。芥川さんですら高子さんの前ではドギマギしてたよね(笑)。
砌のおばあさまの着物姿も粋で素敵でした。もっと長生きして欲しかったわ。
いやー茉莉花の振袖姿についてのみず穂サマの洞察、深いですわぁ〜。でも確かにため息が出るほど美しかったですよね。ダンスドレスで美しい茉莉花を散々見ている砌もイチコロだったのでしょうね(笑)。
Posted by ミモザ at 2008年02月22日 11:22
みず穂ちゃん、お久しぶり。やっと受験終わってのんびり♪
「エイリアン通り」持ってる持ってる!「花ゆめ」「LaLa」
読んでたわあ。
なつかし〜最近も色々描かれていたのね。
早速明日三省堂行って大人買いしてこよ。
(昔は妹と「私、奇数巻買うからアンタ偶数巻ね!」とか
ちまちま集めてたけど)

娘、ずっとクラシックバレエしていて、たまに復習用に
レッスンのビデオを撮りに行かなくてはいけないのですが、
レッスン場の全面ガラス張りの中に、ビデオを撮ってる自分の
姿が映ると、ぎょぎょ〜っ(@@)です・・・
踊ってる娘と指導してる先生と同じ人間とは思えない自分の
体型。。。とほほ。着物はウエストのくびれなくても分からないとはいえ、ドラム缶のようになってしまうのは悲しいか・・・
来月卒業式は着物着るんだけど、やっぱもう少しやせないと
だろうか。わーん(T T)

そうだ!十三詣って、振袖を着せていいのかしら?
いまなら、ちびっこの私の成人式の振袖、お直しせずに
娘が着られそう。

Posted by natsuki at 2008年02月22日 19:22
う〜わ〜読んだことないけど面白そう!
韓ドラみたい!ていうか韓ドラが少女マンガみたい?
名香さんのマンガは絵が華やかで素敵ですよね〜。
振袖かぁ〜〜〜いいなぁ〜〜〜〜〜〜(いかん、振袖病が!
Posted by wani. at 2008年02月23日 06:01
実は……「PARTNER」がきっかけで社交ダンスを習いに行ったことがあります。もう20年くらい前の話ですが(笑)

名香先生の描くマンガはいずれも美男美女てんこ盛りでゴージャスでした。この前に連載された「ファンション・ファデ」も傑作ですよ。最初のシーンでアフリカから来たファデと、日本から逃げてきた日翔が、空港でファッション誌のカメラマンに写真を撮ってもらうのですが、日翔は結婚式から逃げ出してきたので紋付き袴姿でした。

natsukiさま>女の子は十三参りのときに初めて本裁ちの着物を着るので、振り袖でOKですよ。それがお母様のものであれば、なおさら着せてあげてください。
Posted by こだま at 2008年02月23日 10:25
こだまさん、ありがとうございます!
振袖OKなら、とっても楽しみです〜

Posted by natsuki at 2008年02月23日 13:58
みず穂さん、お久しぶりです。
こちらのブログでは、はじめての書き込みです。
漫画話につられ、私も混ぜて〜です。(笑)
「なかよし」からはじまり、ずいぶんかぶってます〜
って、同年齢だから当然か、、、
名香智子さんって恐怖漫画家さんと勘違いしていましたわ。
今度よんでみよう。

natsukiさん、見っけ!!
とても懐かしい方にお会いできてうれしいわ。
十三詣、女の子がいるご家庭は着物の楽しみも倍増ですね。
Posted by 江戸雪丸 at 2008年02月23日 14:40
わーい、漫画ネタ盛り上がるなあ。

>ミモザさん
あー、少コミ連載だったんですね。少コミは読んでなかったので大人になるまで存在を知りませんでした。これ、リアルタイムで読んでたら面白かっただろうなあ。まとめ読みもいいんだけど、連載追っかける楽しみというのもあるよね!
私は実は茉莉花はあんまり好きじゃなくて、むしろ高子さんファンでした。あーいう肝の据わった母になりたいものだ・・・砌のおばあさまの着物姿も確かによかった! 最初だけなので全体の印象に残ってなかったんですね。

>natsukiさん
受験お疲れ様〜! 中学受験は親の方が大変みたいね。ところで十三参り!! よかったら一緒にやりましょうよ。うちも振袖です!
4月の日曜日に浅草寺あたりに行こうと思っているんだけど。

>waniさん
わはは、確かに韓ドラぽいかも。昼メロぽいとも言える(笑)
振袖〜やっぱり着る機会作りますか!(謎)

>こだまさん
おおーっ! 社交ダンス習いに行きましたか。私も昔バレエ漫画に影響されてクラシックバレエ始めたことがあります。
なんか行動パターンまで似てるような(笑)。
「ファンション・ファデ」はもう手放してしまったのですが買ってました。紋付き袴姿、覚えてますよ。ファッションものといえば、大和和紀さんの「モンシェリCoCo」でも、お母さんの着物をほどいて作品をつくる、という印象的な場面が・・・ああとまらん(笑)

>江戸雪丸さん
こちらでは初めまして〜
やっぱり最初は「なかよし」ですよね〜。キャンディキャンディ全盛期だもんね。
恐怖漫画家・・・(笑)絵のテイストは確かにそんな雰囲気もあるかな?・・・好き嫌いはあるかもですが、なかなか読み応えありますよ。
Posted by みず穂 at 2008年02月23日 21:46
横からすみません
>waniさん
「PARTNER」は、みず穂サマからいただいて今うちにあります。
よろしければそちらに回しましょうか?私のDMアドレスは某畑倶楽部内にあります。
Posted by ミモザ at 2008年02月24日 15:28
懐かしいリアルタイムで読んでいた漫画のタイトルがいっぱい!
名前が出て手元にあるのは「ファミリー」ぐらいなのですが
他のも読みたくなってきてジタバタしてます(笑)

ちなみにちっとも漫画にはまらない猫好きの娘に
「ねこめーわく」「小さなお茶会」「動物のお医者さん」を
渡したら読んでくれました(^_^;)
Posted by kemi at 2008年03月05日 13:30
kemiさんこんばんは!
コメントありがとうございます。

「動物のお医者さん」大好き!
うちの娘たちは私に似て漫画読みなので
ベネッセのDM漫画まで熱心に読んでますが(笑)
これは渡したらはまるだろうなあ。
猫といえば「綿の国星」もいいですよね〜
Posted by みず穂 at 2008年03月06日 21:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック