2008年03月06日

漫画で楽しむ着物 その12

 しつこく続く漫画シリーズ、まだまだあるよん。

風光る.jpg 最近一番はまっているのがこれ、「風光る」。娘と一緒に文庫の続きが出るのをいまかいまかと待っているのだった。いわずと知れた新撰組もの。ヒロインは性別を偽って入隊している架空の人物セイ、ヒーローはやっぱり沖田総司。おなじみのサブキャラがまたいい味出してるんだよね。

 長編なので、なるべく買うのは文庫にしたい。文庫はとりあえず出るそばから買っている。でもコミックスはかなーり先まで出ているんだよね。ううう、読みたい〜。

 新撰組ものなので、おおまかな展開はわかっているといえばわかっているのだが、いろんなキャラが立っていて、エピソードがとっても面白い。もちろん全編着物が丁寧に描かれているのでそちらも楽しめる。ひとによっては、童顔キャラが苦手かもしれないな。沖田総司もかっこいい、というよりはかわいい感じだしね。でも私はこの人のきれいな線が好きなのだ。

 渡辺多恵子さんも、かなり同時代感のある漫画家さん。雑誌で「ファミリー!」を追いかけ、最終回は本屋の立ち読みでぼろぼろ泣いた(間抜け)。「はじめちゃんが一番!」もその他の短編も文庫は全部持っている。この人の作品は、娘にもすすめたくなるんだよね。

 それにしても、成田美名子さんもそうだけど、アメリカもの書いてヒットしていた漫画家さんが和にシフトしているパターンって、結構あるのかな? 何か流れがあるんだろうか。
posted by みず穂 at 23:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 漫画で楽しむ着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ファミリー!」私も最終回ボロ泣きしたわ〜。
「風光る」は面白いと評判なので気になっています。
漫画家さんの和シフトって、単に年齢が上がると起こるような気も(笑)
Posted by wani. at 2008年03月10日 16:48
幕末ファンにはたまらないです(笑)
新撰組は今一理解できなかったのですが大河の
「新撰組」でイメージ変わりました。
かなり前に途中まで読みました。
すっかり忘れてたのに先がまた気になりだしてしまいました(^_^;)
Posted by kemi at 2008年03月11日 21:39
わーい、コメントありがとうございます!

>waniちゃん
おお! みんな読んでるねえ「ファミリー!」。「風光る」とりあえず我が家にあるのは送るね。すでに娘の手にかかってぼろいけど(笑)。年齢が上がると和シフト・・・うーむ。まあ、私もそうなんだけどね。

>kemiさん
大河は盛り上がってましたよね。実は当時あまりチェックしてなかったのですが、ちょこちょこは見てました。オープニングが好きだったなあ。小学生に大人気の「銀魂」ってあの大河に便乗して新撰組ネタはじめたらしいです。今となっては全く違う世界になってますが。
なんか私、kemiさんをそそのかしてます?(笑)
Posted by みず穂 at 2008年03月11日 22:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック