2008年04月09日

十三参り、行って来ました

 十三参り、無事終了〜。
 着物に興味を持つ前は、存在さえ知らなかった十三参り。お天気にも恵まれ、想定よりずっと素敵な体験に。ほんと、やってよかった! 

十三参り着付け.jpg 今回のイベント(?)で何よりお世話になったのは、「もっと! 着物遊び」のじゅんさん。
 日曜朝から着付けのお手伝いに来てくださった。我が家とじゅんさんの家はかなり離れているので、浅草に出やすい公民館和室を押さえ、まず娘の振袖の着付け。
 ヘアメイク関係が全然駄目な私に代わって娘の髪まで整えていただき、さらしやタオル使ってきっちり補正。見違えるよう。おまけの次女の着付や私の着付けもなおしていただく。

 そうこうしているうちに時間がなくなり(会場を12時までしか借りていなかったので)、ばたばたと浅草に。

撮影前.jpg まずは浅草寺の本堂脇で、「美しいキモノ」の撮影会に参加。スナップみたいな写真を想定していたら、ヘアメイクさんと着付けの方がいらして、すっかりモデル状態。
 これで写真も後日送っていただけて、無料。雑誌に載るかどうか(撮影したうち何割かは来春の十三参り特集に載る)はおいといて、いいイベントになった。
 撮影時間は10時〜14時。ピークは午前中だったようで、私たちがついた時には数組しかいなかった。着いてすぐに撮っていただけてラッキーだったけど、他のお嬢さんをたくさん見られず残念。
 みかけた5人くらいは、全員いかにも美容室着付け&きちんとメイク&アップヘア。みんな気合入ってるんだな〜。十三歳の振袖姿、ほんと、どの子もかわいい。

十三参り全身.jpg で、うちの娘はこんな感じ。撮影してもらっているのを横から。
 簪はこのときだけの借り物。帯締めは私が成人式の振袖で使っていたもの。きれいな緑の絞りの帯揚げはじゅんさんにいただいた。ぶりさんにいただいた扇もいいアクセントに。
 うちの娘はすでに私より大きいので、ほんとは肩上げしなくてもいいんだけど、「十三参りのお約束」らしいので、気持ちだけ肩上げ。刺繍のごつい半襟、ぶりさんのアドバイスで、しっかり三河芯をつかってつけたのが正解。襟元がきれいに決まっている。

後姿.jpg 後姿。じゅんさんの心積もりは「ふくら雀」だったのだが、私の趣味で「立て矢」にしていただいた。
 今はあまり人気ないそうなんだけど、かわいくて好き。自分がやるのはちょっと気が引けるけどね。
 他のお嬢さんの帯をチェックしたら、みんないろんな飾りをつけた華やかな変わり結びだった。今の流行りのよう。
 でも、私としては娘の古典的な帯や髪の感じも、悪くないと思う。二十歳の振袖とはちょっと違って、十三歳の素朴な感じとあうと思うんだよね。

母子写真.jpg 母子写真。私は結局卒業式と同じ組み合わせ。
 次女、ほんとはポリの華やかなアンサンブルがあったんだけど、うっかり衣装用に貸し出し中。
 前日にたまたま立ち寄った船橋のリサイクル店で、だめもとで「子どものサイズなんてないですよね・・・」と聞いてみたら、1枚だけ子どもサイズのウールアンサンブルが。しかも1000円! 羽織ひも付き。柄もかわいいので即決。桜の半襟もバーゲンで1000円。髪飾りはkemiさんのお手製
 そんなわけで、なんとか母子3人で着物姿。十三参り撮影会の日なので振袖は多かったんだけど、関係者全員着物は案外いなかったような。

じゅんさんと.jpg 今回の恩人、じゅんさんと娘のツーショット。桜もまだ残っていていい感じ。
 じゅんさんはシックな江戸小紋。いつもきれいな着姿、さすが。お疲れ様でした〜。

 で、撮影会の後、本堂へお参りに。この時期限定で、十三参りの祈祷を受け付けていた。
 前に聞いていた「字を奉納する」というのとは違い、本堂内でお経(?)を読んでもらい、浄水を頭にかけ、宝印を額にあててもらう、というもの。厄除けと成人の儀式らしい。
 写真撮影OKだったんだけど、ブログアップの許可はとらなかったので一応自粛。初めて本堂の中に入った。娘も神妙に手をあわせていた。

お守り.jpg お守りもいただく。帰ってさっそく中学用のかばんにつけていた。
 実は七五三のとき、忙しさに負けてちゃんと儀式的なことをせず、写真だけ撮ってお茶を濁していたので、一度こういう経験はさせてあげたかったのだ。というか、私がしたかったという話もあるが。

十三参りお菓子.jpg そして、こんなお土産も!
 十三参りにお菓子がつきものだというのはネットで読んでいたが、まさか浅草寺でお菓子のお土産が出てくるとは思わずびっくり。
 数を数えたら14個あってあれ? と思ったのだが、落雁の同じ種類のが2つあるので、きっとこれで「十三種類」なんだろう。持ち帰ってくる間にすでに崩れているが・・・
 七五三の千歳飴みたいなもの? なんだか嬉しいよね。お茶に合いそうだし。ちなみに祈祷とこれらのお土産つきで、料金5000円。これも七五三並み?

おみくじ.jpg 無事ご祈祷も終わり、おみくじ引いて大騒ぎの娘たち。長女は「吉」。新しい出会いがあるでしょう、とか、中学校進学にふさわしい明るい内容でよかった。

 長女の支度に加え次女の分の半襟付けや肩上げ(サイズがちょっと大きかったので)もあり、準備で前日はほとんど寝られなくなってしまったのだけど、充実感のあるイベントだった。
 もとから着物好きの次女はともかく、生まれてはじめて振袖の長女には、窮屈だとか脱ぎたいとか足が痛いとか言われるかなと覚悟していたのだが、案外うきうきとすごしていた。きれいな振袖の威力? 

屋台.jpg やっぱりお楽しみは屋台。たこやきとクレープで、はじけるような笑顔。
 実はこの写真撮ったあと、クレープのチョコがだらだら〜となってしまいひと騒動。見ず知らずのおばさまがウエットティッシュ片手に駆け寄ってきてくれて事なきを得る。ありがたい・・・
 着物の子ども、おばさま受けがとてもよかった。しかし、写真も勝手にばしばし撮られ(これはおばさまでなく「おじさん」が多し)、娘は居心地悪かったよう。せめて「撮っていい?」って聞いて欲しいよね。

 行き帰り、道行き着用をじゅんさんにすすめられたのだが、正解。じゃないと階段で袖汚しそうだった。やっぱりこのへんは子どもだしね。
 花見日和の浅草は大混雑で疲れたけど、楽しかった〜。
 次女の時もやるぞ! それまでに、この振袖着られるくらい背が伸びてくれるといいんだけど。

posted by みず穂 at 00:31| Comment(21) | TrackBack(0) | 着物と子ども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした!お母さんが一番疲れましたよね。
美しいキモノの写真楽しみですが、mizuhoさんのカメラもすごくよいショットばかり。
私も記念日のお手伝いができて、よい体験になりました。ありがとうございました。
Mちゃん嫌がらずに撮影会に参加してくれてよかった。記念になれば嬉しいですね。
Hちゃんの時もぜひお手伝いさせて下さい。着物好きのHちゃんだから楽しみ!
Posted by じゅん at 2008年04月09日 07:59
お天気で、よい記念の十三参りになりましたね(^o^)!
お嬢様の健やかな成長、お祝い申し上げます(^_^)
親子3人の着物姿、和やかでとってもすてきです♪いいですね(^^)
お嬢様の振り袖姿、華やかで、ほんとにこの歳だけの愛らしさが伝わってきます(^^)
ずっとずっと記憶に残る思い出になることでしょう♪

「美しいキモノ」はいつ十三参り特集なのかしら?教えて下さいね〜(^^)
Posted by ひつじ at 2008年04月09日 09:16
うわ〜素敵な十三参りでしたね!
振袖が本当に似合ってるね!
実際に着て、屋外だとまた本当に色が映えていいわ〜。
帰省してなければカメラ小僧でお邪魔したかった〜(危)
妹ちゃんのときはぜひ!(えええ
娘さんは着せる楽しみがあって、羨ましい〜。
Posted by at 2008年04月09日 09:27
待ってました!
すてき〜着物も親子も雰囲気も何もかも。
振袖、実際に着ると柄がとても映えますね。
紅型の振袖なんて、やはり目立っていたのでは?
うちの1号にも絶対やらせよう。(←と心に誓う)
Posted by NAM at 2008年04月09日 09:56
お疲れ様でした。
何もかもがとってもステキな十三参りになりましたね!
この振袖、着た人と振袖の魅力が相乗効果で本当に映えますね!
うちの子も着てくれるといいなぁ。
次女ちゃんのアンサンブル姿もかわいいです(^○^)


Posted by kemi at 2008年04月09日 13:13
十三参り、おめでとう!
へえぇ、へえぇ、へえぇと画面の前で何度も感嘆してしまいました
生まれたての赤ちゃんの時から見てるんだもんねえ
すっかり「娘」になったんですねえ(感慨)
レポート、大変だったでしょ?(笑) 写真もいっぱいあって
楽しい嬉しい報告でした(^^)
Posted by eribow at 2008年04月09日 15:54
あでやかで綺麗ですねえ。
お嬢さんも、自分に似合うものは直感的にわかるんでしょうね。
帯結びも個性的ですてき。
着付けも、苦しそうじゃないのにきりっと綺麗でいいですねえ。

うちは卒業式の袴着用が精一杯で、十三参りまでは手が回りませんでした。残念。
でも、こうしてみず穂さんのお嬢さんの十三参りを拝見できて、楽しかったです。
Posted by 福娘紅子 at 2008年04月09日 21:00
きゃ〜!すてきすてき〜!やっぱり女の子はいいですねえ(^o^*

肩揚げ、昔はそれこそお嫁に行くまで肩揚げが必要だったみたいですが、今の子は体格がいいので、中学生なら充分本裁ちの着物が着られますね。
お嬢さんもきれいな着物がお気に召したようでよかったです。
男の子は節目節目でこうして着飾るということがないので、いかにしてムスコを着物ぢごくにハメるか、現在思案中です。(←をい)
Posted by こだま at 2008年04月09日 21:43
うゎー!可愛い!
着物の端見てたより、ずっとステキな着物ですね。
十三参りの着物って、振袖にするなら、七五三の大きくしたのでもなければ、成人式の丈詰めたのでもない、「十三歳向けの!」って思うのだけど、これはバッチリですね。
じゅんさんの着付けの腕もグッドです。
いきなり「たて矢にして」と言われて、ほいほいとできるもんじゃありません。地味っちゃ地味だけど、着物の柄がそうそう派手派出しくキラキラしいものではないので、下手に今風に凝った結び方よりもこの着物には合っていると思います。
姉妹揃って、着物でステキ。

しっかし、写真は一言断って欲しいわよね。
コスプレ会場じゃ常識だけど、世間一般では、全然常識じゃなかったりする。
Posted by 優妃讃良 at 2008年04月09日 22:13
なんて素敵な着姿でしょう!
お若いお嬢さんこそ古典的なものが似合うと思います。
髪型も年齢に合っていて可愛いし。
(個人的に着物にフワフワ洋髪は嫌い)
じゅんさんのたすきがけ姿、凛々しいわぁ〜
みず穂さんもあの時の特訓の成果が出ていて
綺麗に着てらっしゃる。
一生の記念になりましたね。
「美しいキモノ」楽しみにしています。
Posted by 環 at 2008年04月09日 23:29
あ、nonameは私です(爆死)
Posted by wani. at 2008年04月10日 04:09
うわー、たくさんのコメント、ありがとうございます!!

>じゅんさん
本当にありがとうございました。写真、じゅんさんに撮っていただいたのもありますよ。2年後は私ももうちょっと使える助手になるべく精進します! よろしくお願いします!

>ひつじさん
褒めていただき嬉しいです〜。
「美しいキモノ」は毎年春号に十三参り特集があります。とかいって、私実は買ったことないんですけど(厚みに負けて・・・)。今売っているのには昨年撮影分が載っています。1年後、娘が載っているかどうかは編集部の人しか知りません(笑)

>wani. さん
ありがとう〜実は署名なくてもわかってたよ。
娘もでかくなるとちゃんと振袖が似合うのね、と
すっかり親ばか全開でございます。

>NAMさん
振袖、別に紅型でなくてもやっぱり目立ちます。ごちゃごちゃの人ごみの中でもやっぱり目がいっちゃう。華やかだよね〜。
1号ちゃんもぜひぜひ。足りないものがあったら貸すよ!

>kemiさん
kemiさんとこももうすぐですね!
ぜひうまいことのせてください(笑)
周りが誰もやってないのがネックなんですよね。振袖買って、帯や小物を選ばせて・・と半年がかりでその気にさせました。
でもいざやってみるとまんざらでもない感じで本人も楽しそうでしたよ。
次女の髪にはつくっていただいた髪飾りがついてます。長女のは今回は色が合わなくて断念。浴衣の季節にはまた使います!

>eribow
おお久しぶり! お祝いありがとう。
こうしてみるとちゃんと「お嬢さん」みたいでしょ。
もう中学生だもんね、早いもんだ。

>福娘紅子さん
そうなの、じゅんさんの着付け、苦しくなかったのがポイント高かったです。ぎゅうぎゅうに着付けられてしまってたら、途中で嫌になってたと思います。
卒業式の袴もいいですね! 一部でブームとか。うちの小学校でも流行っていたら絶対着せたのにな〜
十三参り、あと一週間くらいはやってると思いますよ。この週末でもいかがですか?

>こだまさん
着物ぢごく(笑)やっぱり浴衣からですかねえ・・・
十三参り、男の子もほんとなら羽織袴でお参りするところなんだけど、見事に誰もいませんでしたね。女の子よりさらにハードルが高いのかな。難しいお年頃ですしねえ。
ぜひ着物ぢごくにはめて着物デートを!

>優妃讃良さん
「十三参り向けの着物」って、あちこちで聞いてみたのですが、関東では扱ってないみたいですね。普通の振袖で・・・とどこでも言われました。古着でこれにめぐり合えたのは縁かも。成人式より十三参り向けな感じがしますよね(でも、もうちょっと長く着て欲しいけど)。
写真撮影、コスプレ会場では常識(笑)・・・そうか〜
娘が「怪しいおじさんが多いよ〜写真撮られるよ〜」とちょっとおびえてました。まあ、普段はそんな体験ないですもんね。

>環さん
私の着物は撮影用に「ちょい修正後」だったりしますが・・・
(家族写真も撮ってくれたので)
「美しいキモノ」に載るのは撮影した中から「一部」なので、どうかなあ? やっぱり美容院ヘアメイクには見栄えで負ける気も。
今回、雑誌に載ることにはあまりこだわってなくて、写真撮ってもらえたことで満足なんですけどね。送ってもらえるの楽しみです。
Posted by みず穂 at 2008年04月11日 00:25
わぉ、振袖+立矢、ス、テ、キ! 母子de着物いいな〜♪
じゅん様の甲斐甲斐しさが目に浮かぶわ〜 行き帰りに道行とは、行き届いた着物コーチ!?ですよね♪
Posted by ぶり at 2008年04月11日 07:36
ぶりさんこんばんは!
褒めていただいてありがとうございます! 扇も帯とぴったりでした。じゅんさんはほんと、頼りになるコーチです。
Posted by みず穂 at 2008年04月11日 22:00
わぁ〜。ステキ!!!
着物着はじめるまで、十三参りなんて知りませんでしたが、いいですね♪
私もやりたかったなぁ。なんて思ってしまいました(笑)
帯結びも立矢いいですね。
私も立矢好きです。自分じゃ出来ないけど・・・(^^ゞ
Posted by ちょー at 2008年04月12日 00:11
ちょーさんこんばんは!
コメントありがとうございます。
十三参り、私も着物着始めるまで全く知りませんでした。
私の住んでいたところでは誰もやってなかったと思います。
地域差あるんですよね。
立矢かわいいですよね〜。これ、自力でやるのはかなり無理があるような気がします。ふくら雀もそうだけど、結んでもらう帯結びという感じ。私もちょっと練習して、娘にちょいちょい結んであげられるといいな、と今回思いました。
Posted by みず穂 at 2008年04月12日 01:05
十三参りって、京都でもしないとこはしないんだそうな。
元々はすっごく狭い土地の習慣だったようです。
なんか、最近は急激に全国展開してるとか。
「着物業界の陰謀か?」と思いたいとこだけど、それにしちゃあ、十三参り向けの振袖とか売られる様子もない。
誰の陰謀なんでしょうね。

十三参り用の振袖は、成人式迄の間の礼装としてずっと着られます。本来の本裁ちの着物を仕立てる時期と合致しているんですよ。
その頃には、下の娘さんの十三参りに使うのでは?
それとも、下の娘さんにはまた別の着物を誂えるのかしら?

今は逆に、成人式用の着物を十三参りにも使って、成人式にもそのまま使うって人もいるんだそうです。
この着物も小物とかを換えれば成人式でも十分通用しますョ。
Posted by 優妃讃良 at 2008年04月16日 17:06
優妃讃良さんこんばんは!
コメントありがとうございます。
十三参り、確かに増えてるかも? 「美しいキモノ」は意識的に十三参りキャンペーンしてますしね。
でも、肝心のお店が全然反応してないのは確かに妙ですね。
全国チェーンの呉服屋なんていかにも食いつきそうなものなのに。七五三が終わったら成人式、って感じですよね。

次女に別に誂える予定はないですが、この着物ちょっと大きめなので(私にとっても少し大きめ)、背が伸びないと厳しいかもしれません。長女にもっと着せる機会があるといいな。って、つくればいいのかな?! 
Posted by みず穂 at 2008年04月16日 22:56
遅いコメントで失礼します。
十三参り、すっかり忘れていました。
来年…と思いきや、数えの13歳は今年でした。

で、21日小学校が創立記念日なので、家も行ってきます。
着物も私の振り袖引っ張り出して、肩上げするのみです。
ほとんどお金を賭けないですいそうなので、半襟くらいは刺繍のを買おうかと思います。



Posted by ふじ at 2008年04月19日 00:41
そうそう、着物を着る機会なんて「来るのを待つ」のでなく「意図的に作る位」でいましょうよ。
そう考えると、いっくらでも機会なんてあります。
この時期の娘さんなら、「振袖に袴」ってコーディネートもありです。着付けも楽だし、着ている方も楽。
これでお茶会しても良いし、カルタの会もよし。
振袖って、「当人の成人式か、結婚式に招かれたとき『のみ』」って程格の高いものじゃありません。ちょっとしたよそゆきとして着ていって良いのですよ。

「美しい着物」があれだけ宣伝しているのに、着物業界のノリって悪いですよね。未だに「七五三」と「成人式」「結婚式」だけだもの。「成人式の着物で十分」て思っているのかしらね。
Posted by 優妃讃良 at 2008年04月20日 18:23
ふじさん、優妃讃良さん、こんばんは!
コメントありがとうございます〜。

>ふじさん
あ、今日されたんですね!
ぜひ写真、ブログにアップしてほしいな〜。
うちも、数えでいえば遅かったのです。でも、中学入学の春、というのも一般的にあるようだったので決行しちゃいました。
次女は早生まれなので、ちょうどいいんですけどね。

>優妃讃良さん
振袖に袴もいいですね。来年の百人一首はそれでいこうかな〜。
袖邪魔! とか言われそうだけど。

着物業界、これから反応は・・しないかなあ。
私としては、ポリのかわいい商品を作って欲しいなあ。
七五三サイズを超えて成人の間のサイズって、安くてかわいい着物がほんとないんですよね〜。肩上げしてあって12歳くらいが着られて、おろすとぎりぎり大人サイズ、なんてあるといいんだけど。
Posted by みず穂 at 2008年04月21日 21:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92719204

この記事へのトラックバック