2008年04月21日

桐箪笥、届きました

 前に書いた再生桐箪笥が届いた。
っていうか、実はもう1ヶ月前の話だったりするが。

桐箪笥1.jpg 注文確定してから40日で、できました、とメールで連絡が。再生するのに1ヶ月半といわれていたので、予想より早かった。
 料金は、台輪の新規製作費5000円(通常2万円とのこと)が加わり、税配送その他込みで145000円。

 で、連絡が来た週の週末に箪笥がやってきた。部屋が狭くて全体像が撮れないが、下が深めの2段、上が3段の箪笥。引き出しの割れなども丁寧に補修してあっていい感じ。古くてもきちんと手のかかったものというのは、見ていてなんだか嬉しくなる。

箪笥横から.jpg 横から見るとこんな感じ。
 さっそくあちこちに収納していた着物をこの箪笥に集めてみる。幅94センチだが、たたんだ着物を二つ折りしてゆったり入る。
 今までプラケースにぎゅうぎゅう詰められていた着物が、ふうっと息をつく感じ。やっぱり、ものにあった収納というのはいいものだ。プラケースだと二つ折りには小さく、三つ折りだとあまりすぎ、という感じだったんだよね。

 最上段に振袖や訪問着などよそいき絹物、二段目に帯、三段目に羽織や道行などの上着関係と銘仙など絹の普段着、四段目に子どものものやポリ、木綿をとりあえず、ウールを最下段に・・・と収めていったら、あらら、いまひとつ余裕がない。すでに箪笥一棹の着物を持っていたとは。ほとんど買ってないのに・・・特にウールが意外に場所をとる。

 箪笥買ったら収納が増えるからちょっと買い足せるかな、と思っていたので結構ショック。実家からすぐには着ない振袖(私が着たもの)を引き取ってきたりしたのも痛い。いまさら返すのもなあ。

 そろそろ、買うなら手持ちのものを手放すことも考えなくてはいけないのかも。身体ひとつしかないのに箪笥1棹って多いような。まあ、娘の分も多少はあるとはいえ。浴衣は別のプラケースにひとつ分あるし、小物やなんかも他のミニ箪笥を占領しているし・・・。
posted by みず穂 at 22:40| Comment(4) | TrackBack(0) | メンテナンス・収納 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
到着しましたね。
典型的な桐ダンスの形態ですね。
もしかして、この上にもう一個あったのでは?
というのは、祖母の持っていた桐ダンスだと、この上に引き出しと引き戸の収納のパーツが乗っている3個組でした。
紐他小物は縦3分割の引き出しへ、バッグなどは上の引き戸の中へ。こうすると、履物を除いた着物の全パーツが収納可能です。

重ね過ぎは厳禁なので、意外と入らないですよね。
私も、和箪笥は自分で誂えた分で終わり。
リサイクル品や祖母や大伯母からのもらい物はいいものは普通の木製箪笥。
それ以下はクローゼットの棚に積み上げ
一番よく着る化繊モノだけでも、棚1段、プラケースなら3つ分位あります。袷、単、薄物とあるかし、手頃なのでつい買ってしまう。
しかも、娘の分は、別に一箱。浴衣も娘自体複数枚持ってる。
確かに多いわぁ。
Posted by 優妃讃良 at 2008年04月22日 06:50
優妃讃良さんこんばんは!
コメントありがとうございます。

そう、私もこの上にもうひとつかな? という気がしてます。お店にあった時点で、すでになかったんですけどね。上だけ処分してしまっていたのかな? あれば確かに小物が全部納まりますね。
最近つくっている桐箪笥は、小物入れの部分はあまり需要がなくて、シンプルな引き出しだけのタイプが多いそうなんですが。

それにしても、たくさんお持ちなんですね〜。確かに、袷、単、薄物があるから、それぞれそんなに山ほど持ってなくてもかさばりますね。私の場合はお下がりウールがネックです。子供用のウールも買ってしまったし・・・お出かけにはあまり着なくなってしまったし、家で着るのも木綿の方が気持ちいいし、出番が減っているのに場所は一番とってるんですよね。
Posted by みず穂 at 2008年04月23日 22:41
桐の箪笥、素敵だね!風格があってよいわ〜。
私も最近「もう一棹増やしてすべて収納して‥‥」なんて思っていたんだけど
みずほちゃんの身体ひとつ、という言葉でブレーキかけてみたよ(^^;)
箪笥や収納用品って、それがあると魔法のように片付く気がするけど
気がつくとあふれちゃう‥‥やっぱり減らすことも考えないといけないかなぁ。
Posted by wani. at 2008年04月25日 15:31
waniちゃんコメントありがとう!

うーん、適正な所有量って難しいよねー。洋服ならある程度捨てる目算がたつんだけど、着物の場合「今着なくてももっと年取ったら似合うかも」「娘が着るかも」と捨てないので、ほんとたまる一方。洋服みたいにがんがん洗濯しないから生地も痛んでないしね。
将来会社員やめたら毎日着物で暮らすことにしているので(笑)、やっぱりウールもあるといいのかなあ、なんて。
以前、もらったけどこれは着ない、というのをeribowんちのフリマにいくつか出したんだけど、出した以上にもらってしまって減っていないのでした・・・。
Posted by みず穂 at 2008年04月26日 10:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94186838

この記事へのトラックバック