2017年01月29日

ウール着物と防寒の話

今年の冬はなんだかいつもより寒い気がする。
今日はちょっとましだったかな。

ウール着物.JPG
邪道だけど、家ではこんな感じでウール着物。昭和な家で作業するくらいだったら、同じスタイルで出かけてしまうことも。中に着てるのはユニクロのフリースのタートルネック。
着物で寒いのは首回りと手首足首なので、これだとほんとに暖かい。
ウール着物はまさに「全身セーター」という感じだ。

このウール着物は母が昔着ていた。これに限らず、うちにあるウールはほとんど母由来。実家にいた頃、何かの拍子にウール着物をみつけて、これ着たい、と思ったのが、のちに着付けを習うきっかけにもなった。
最初はあまり着物の区別がついてなくて、どこにでもウール着物で出かけていたなあ。

最近の進化したウールと違って、昭和30年代くらいのウールはみんなごわごわ。でも洗濯機で洗えるし、暖かいので日常着にはいいよね、と思う。

ところで下半身の防寒。
今年は、たかはしきもの工房の「足袋下ハイソックス」が欠かせない。
さすが寒冷地仕様の温かさ。長さが膝まであって落ちてこない。きつめの足袋はダメだけど、ちょっとゆるめの足袋だとしわも伸びていい感じになる。
さらに、生活クラブで買ったシルクのスパッツ。化繊だと静電気や毛玉がやっかいだけど、シルクは軽くて暖かく、裾捌きもよいのでお気に入り。ローライズだともっとよかったんだけど、和装用ではないのでいたしかたなし。



posted by みず穂 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

再開します&近況報告

2010年から放置中のブログに戻って参りました。

まずはちょこちょこと、この7年の近況を。
ブログ開設時には「娘2人育てながら会社員」という自己紹介をしていましたが
その「会社」がなくなりました。
(これがブログ放置の直接のきっかけです)
で、そこから嵐のようなばたばたがあり、一時はハローワーク通いもし、
悩んだ末、自分の会社(株式会社伝)を立ち上げることにしました。
同時にフリーの働く母仲間で「クリエイター集団フラーレン」というグループを立ち上げました。

娘2人は大きくなりました。長女は昨年成人式を迎えました。
(そのくだりはまた詳しく書きますが)
すっかり手はかからなくなり(お金はまだかかりますが)、人生のステージが変わりました。

映像の企画・制作・編集が私のメインの仕事だったのですが、
着物と同じくらい写真にはまり、スクールにも行き、カメラマンとして仕事も受けるようになりました。

着物友達であり、大学の同窓でもある「星わにこ」と2人で
3年前に「昭和な家」というスペースを運営し始めました。

3年前から日本舞踊、2年前から三味線のお稽古も始めました。
茶道もちょっとかじっています。

着物は「ぼちぼち」というよりは、ほぼ日常着になりました。
でもまあ、ブログはきっと「ぼちぼち」更新なので、タイトルは変えずにいきます。
どうして再開しようと思ったかというと、
以前ブログでだけ交流のあった皆さんと、またお会いできないかなと思ったからです。
また、新しい出逢いもあるといいなと。
2010年からここまで、ほぼ仲間内のSNS(mixi、フェイスブック)でしか書いていなくて
久しぶりに戻ってみたら、仕様がいろいろ変わっていて浦島状態ですが
やっぱりブログにはブログの良さがあるような気がしています。

そんなわけで、再びよろしくお願いいたします。
posted by みず穂 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

桜柄の半衿染め体験

・・・・もう2ヶ月近く前の話で恐縮ですが。

半襟染め1.jpg

 3月26日、「染の里 二葉苑」の春イベント、「桜柄の半衿染め体験」に友人たちと参加してきました!
 これ、着物でないと参加できないイベントです。久しぶりに黒の銘仙に、桜イメージの半幅帯。

半襟染め2.jpg

 すでに桜柄にのりがおいてある布に、ピンクとグレーのどちらかを選び、色をのせていく体験。私はグレーを選択。
 塗り絵みたいで簡単そうだけど奥が深い。筆の持ち方や染料の扱いなど、職人さんの注意がびしびし。
 一度ざっとグレーで色をのせてから、濃い桃色でさらに色を重ねます。
楽しい〜〜!!

 染めた半襟をそのあともらえて、500円。これ、材料費にもなっていないのでは・・・準備も大変でしょうに。

桜半襟.jpg

 そして、後日仕上げて送っていただいた半襟がこちら。
来年の新春から使おうっと。

 ここのイベントはリーズナブルで、内容もいつも魅力的。スタンプラリーの初回以来、何度足を運んでいるのやら。
 次は6月の大染色祭で、初日に泥染めと藍染めをする予定。
 こちらもとっても楽しみ〜。
 事前予約制なので、興味のある方はお早めに。
posted by みず穂 at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

スタンプラリーオフ、今年もやります

 染めのまち落合スタンプラリーオフ、今年もやります!
 昨年の様子はこちら
 イベントの案内はこちら
 今年は京都の工房とのコラボ企画もあり、またパワーアップしているようですね。

 日時:2009年10月17日(土)
   10時に西武新宿線下落合駅の改札集合
   (工房に近い方。高田馬場から来る場合、踏切を渡ります)

 基本的に昨年と同じコースでまわります。東京手描友禅工房協美→松綱染工所→吉澤湯のし加工所→二葉苑。途中参加もOKです。
 お昼はやっぱり割烹桃山かな。

 一緒にまわりたい! という方、コメントお願いいたします。
posted by みず穂 at 09:28| Comment(7) | TrackBack(0) | 着物つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

博多織ドラマ「博多はたおと」

博多織献上館撮影協力の、博多織のドラマが、
2月11日(水・祝)午前8時35分からNHK総合で放送されます!

博多はたおと

興味のある方はぜひご覧ください。
私はしっかり録画予約しました。楽しみ〜!

<2月14日追記>
着物も反物もいろいろ見られたし、織りの場面も多くて楽しめました。
話の展開は、なんというか素直で、地域ドラマ! って感じ。
博多を愛する作り手の思いも伝わってきました。
ヒロインはかわいいし、おばあちゃんもすてき。
・・・でも、ヒロインの成長、早すぎないのかな?
駆け出しっていう設定なのに、あんなに複雑な柄、すぐにできる
もんなのかなあ? しかも手織りなのに、帯1本織り上げるの早すぎない? 
27歳で博多織はじめて2年で独立ってのも、いくらなんでも・・・
・・・なーんて、この前結城で手織りの見学したせいか、
細かいところが気になるのでした。

<2月17日追記>
環さん、再放送情報ありがとう!
2月22日(土)16時〜NHK総合で再放送です。見逃した方はぜひ。
posted by みず穂 at 23:22| Comment(8) | TrackBack(0) | 着物つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

からくりからくさ

 草木染めネタつながりで、久しぶりに本の話を。

ロケセット.jpg 今一番はまって読んでいる作家が梨木香歩さん。きっかけは、清里でたまたま「西の魔女が死んだ」のロケセットをみたことだった。
 前から読もうかなと思っていたのだけど、この縁があって、帰りに書店で文庫を購入。で、そのままずぶずぶとはまり、この夏の間に、今出版されている文庫をすべて読んだ。そろそろ単行本に移行するか、というところである。単行本、重いから通勤読書に向かないんだけど・・・

からくりからくさ.jpg で、中でも一番好きなのが「からくりからくさ」。読んだことがある方なら、多分「なぜ好きなのか」は説明不要だと思う。
 古い家で、4人の女性と人形が共同生活をする。草木染めを生業にする蓉子、紬を織る紀久とキリムを織る与希子、異邦人(外国人、というだけでなく精神的にも)として登場し、この「家族」に癒されていくマーガレット、いのちを持つ市松人形の「りかさん」。

 「西の魔女」もそうだけれど、静かに静かに話は進行していく。けれど、ささやかなエピソードが絶妙にからみあい、鮮烈なクライマックスを迎える。ミステリーの要素もあり、長い話なのに一瞬も飽きさせないのはさすが。

 この話の中で、さまざまな草木染めが登場する。蓬、柏、桂、カリヤス・・植物を育てて、食べて、染めて、といった描写がとても染みる。一歩間違えばどろどろした話になりそうなところを、植物と染め織りのエピソードがからみ、独特のしみじみした読後感につながる。

 夏に草木染をやろうと思ったのは、この本の影響もあるんだろうな。そうそう、ひとつ前のsana-mamaさんへのコメントにも書いたけれど、読み返したらしっかり「(カリヤスは)穂が出る前に刈り取るのよ」っていう台詞もあった。

天蚕.jpg そして、天蚕のエピソード、これがやっぱり一番好きかも知れない。何度読んでも泣いてしまう。内容を書くとネタばれになってしまうので、ぜひ読んでね、ということにしておこう。
 写真はまさにその、天蚕の繭。蚕が出た後のもの。こんなにやさしい緑色なのだ。これも不思議な縁で、「からくりからくさ」を読み終えた頃、ある方からいただいた。


ヒメワスレナグサ.jpg おまけ。ロケセットにあった「ヒメワスレナグサ」。「西の魔女」を読んだ人には「これか!」だよね。

posted by みず穂 at 22:14| Comment(4) | TrackBack(1) | 着物つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

手彫り印鑑を出産祝いに

 昨年秋、福岡空港で出会った手彫り印鑑。このブログの一番最初のご挨拶にも載せている印鑑だけど、私も欲しい! という声が多いので、顔をあわせずに購入できるものかどうか、試してみた。
 ちょうど友人に赤ちゃんが産まれたので、出産祝いに贈ることに。お願いしたのは、福岡県糸島で「伊都の国彫り」という工房をしておられる鮒田さんご夫妻。

鮒田さんご夫婦.jpg 前に買った時に名刺をいただいていたので、連絡してみる。鮒田さんはパソコンは苦手で、HPとブログの区別もよくわからないし、顔を見ないで商品を売るのも苦手、とおっしゃっていた。
 福岡空港で会ってから4ヶ月もたっているので、覚えてないと思いますけど・・・と電話したら、つくった印鑑をFAXしてもらえれば思い出すから、とのこと。で、送ったらすぐに、思い出しました! と明るい声で電話があった。なんだか嬉しい。

 結論からいうと、FAXさえあれば購入は可能。こちらの郵便番号、住所、名前、電話とFAX番号、彫る名前をFAX。用途とイメージ、予算も電話で伝えた。1日ほどでデザイン案がFAXされてくる(大きさや形で値段が変わるので、いくつか候補があった)。

出産祝いの印鑑.jpg 迷った末に、お母さん(友人)には私と同じえぞつげの長方形のもの、赤ちゃんにはさつきの木で丸いのを選んだ。サイドの装飾は今回はお任せだったけど、誕生花を入れるとか、オーダーも可能。えぞつげが4200円、さつきが3150円(大きさによって違う)、送料は郵便(配達証明)で330円。支払いは郵便振替で後払い。

丸い印鑑.jpg 頼んでから届くまで一週間かからなかった。丸い印鑑はこんな感じ。気に入ってもらえるといいなあ。


 「伊都の国彫り」の連絡先はこちら。お願いする場合はいきなりFAXではなくて、まずは電話してお話してから。「みず穂のブログで記事を読んで」といえば話が早いはず(少なくともしばらくは・・・)。

 電話092−327−3955
 FAX 092−327−3966

posted by みず穂 at 23:05| Comment(3) | TrackBack(0) | 着物つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月29日

ご挨拶

 いらっしゃいませ。
 mizuho改め、みず穂です。

 着物にはまりはじめたのは2004年夏。同じく着物にはまった友人eribowと「eribow&mizuhoのお金かけずに着物遊び」という共同ブログを始めたのが2005年7月。オフ会なども主催して2年4ヶ月楽しく続けていましたが、相棒eribowが諸々の事情で着物遊び休止を決断してしまったので、ひとり立ち(?)することにしました。

 ほぼ毎日更新していたeribowがいない今、せいぜい週末更新の低空飛行になると思いますが、ぼちぼちと楽しく続けていきますので、よろしくお願いいたします。

印  ハンドルを変えたのは、もともとネット上ではひらがなハンドルだったのをeribowにあわせてローマ字にしたという経緯があったので・・・たまたま手彫りの印鑑をつくってもらう機会があり、その印鑑の表記に合わせてみました。ちょっと心機一転、ですね。

 リンクについては、更新がとまっていたり趣旨が変わっているもの以外は、基本的に前ブログから引き継がせていただきました。並びが変わっているのは五十音順にしてみただけであまり意味はありません。着物遊びの輪、広げたいです。リンク歓迎です。

 なんとなく「シリーズ」で書いていた記事については、ちょこちょこ前ブログからお引越しさせるつもりです。この記事より前の日付でアップされているものは「お引越し」記事です。ご了承ください。
posted by みず穂 at 04:05| Comment(22) | TrackBack(0) | 着物つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする